「日本のネット児童保護関連は、世界的に見て無法地帯」ひろゆき

写真拡大

― ひろゆきのネット炎上観察記 ―

●児ポ通報1000件の学生、高い検索能力に懐疑の目

 ネット上の援助交際募集や児童ポルノ画像などの投稿を探し関係機関に通報、削除やアカウント凍結につなげた19歳の大学生がネット上で話題だ。というのも、3月までの通報件数8841件中、1249件が同学生の通報だったから。日に最低10件の通報を課すなど問題探索能力に長けていることから、「こいつのパソコンを調べろ」とネット民が邪推している

◆日本のネット児童保護関連は、世界的に見て無法地帯な件

 一昨年から『4chan』という英語のサイトの管理人をしているんですけど、アメリカでコミュニケーションをするサイトを運営するには、アメリカのいろんな法律に従って運営する必要があって、児童虐待やら児童ポルノがユーザーからアップロードされた場合には、某NPOに報告する義務があったりします。んで、こういうのって日本だと任意で警察に報告したりするんですけど、アメリカの場合は報告を怠ると結構な罰則があったりするのですね。

 ってなわけで、アメリカのサイト運営者は児童の被害者を守るってのが義務付けられていて、そういうのが起きないように気を使ったりするのですが、日本の場合って児童虐待を告白しているブログがあったり、児童ポルノがアップロードされていたりするサイトが普通に運営されてたりと、かなり緩いんですよね。。。

 ってなところで、サイバー防犯ボランティアの大学生が児童ポルノの通報を最低一日10件やっているっていうのでニュースになったんですけど、そのニュースには「児童ポルノ画像などの投稿を見つけ、関係機関に通報。書き込みの削除やアカウントの凍結につなげた」って書かれているものの、加害者が逮捕されたことは書かれていないんですよね。

 まったく逮捕されないんだったら、児童虐待とかをやる人は児童虐待をやり続けるだろうし、サイトも対応する義務がないんだから「言われたら削除しますよー」ってぐらいにしかならないですよね。。。

 なのでせっかくの通報も、警察が加害者を逮捕するなりしてれば意義はありますけど、削除されるだけでいたちごっこになってるだけだったら、あんまり意味はないような気がするのですよ。。。

 本当に問題を減らしたければ学生にできることはなくて、罰則を設けるのが一番だと思うんですけど、政府にそこまで重要な案件だと思われてないからか逮捕されないわけです。ってことで、日本は児童の保護に関して、海外から無法地帯って言われることがありますけど、そう言われても仕方ないよなぁ、、、って思うのはおいらだけなんですかね。。。

※1.『4chan』
筆者が管理人を務める英語圏最大の匿名掲示板で、アノニマスなども潜んでいると言われている。’03年にニューヨーク在住のmoot氏が開設し、’15年より筆者に管理人を交代することを発表。この管理人交代は英語圏の各紙で取り上げられ、筆者の名が世界的に知られることになった結果、筆者の元にFBIからの連絡が来るようにも……

※2.某NPO
『全米行方不明・被搾取児童センター』(National Center for Missing and Exploited Children)。通称、NCMEC。’84年に設立された米国の非営利団体で、行方不明や性的に搾取された子どもの問題に対する国の情報センターとしての役割を担っている

※3.サイバー防犯ボランティア
警察が主導する、サイバー空間の浄化ボランティア、被害防止のための教育ボランティア、広報啓発ボランティアなどを行うボランティアのこと。件の大学生は、愛知県警によりこのボランティア活動の一員として任命された

【西村博之】
40歳。パリ在住。元ニコニコ&2ちゃんねるの管理人で、米国掲示板サイト『4chan』の現管理人。「日本にやってきたものの『nintendo switch』を持ってくるのを忘れてしまったので、話題の『スプラトゥーン2』に手を出せず、出遅れている感じの昨今です」

撮影/根田拓也