レアル、FWベンゼマと2021年までの新契約締結へ 昨季は11ゴールを記録

写真拡大

 レアル・マドリードに所属するフランス人FWカリム・ベンゼマが、クラブとの契約を延長するようだ。フランスメディア『le journal du dimanche』が報じた内容を、スペイン紙『アス』が20日に伝えている。

 報道によると、ベンゼマは8月末までにレアル・マドリードとの契約延長にサインする予定だという。現行契約は2019年で満了となるが、新たな契約により期間は2021年6月まで延長されるようだ。

 ベンゼマがレアル・マドリードとの契約を延長するのは、2009年の加入以降2度目となる。2014年の契約更新の際には、多額の年俸アップが行われたが、今回も同様に給料が増額されるとみられている。

 ベンゼマは昨シーズン、リーガ・エスパニョーラ29試合に出場し、11ゴールを記録。チャンピオンズリーグでも13試合に出場し、5得点をマークするなど、クラブのタイトル獲得に貢献していた。