シンガポール名物のカニ料理がスイーツに!?ドミニクアンセル新作は一つ星レストランシェフとのコラボ

写真拡大 (全3枚)

毎回遊び心に富んだスイーツでサプライズをもたらしてくれる「DOMINIQUE ANSEL BAKERY(ドミニクアンセルベーカリー)」。

今回はシンガポールでミシュラン1つ星を獲得したレストラン「Candlenut(キャンドルナッツ)」のオーナーシェフ、マルコム・リー氏とコラボしたスイーツを誕生させました☆

・ドミニクアンセルの新作スイーツはカニ!?



ドミニクアンセルベーカリー オモテサンドウで8月25日(金)〜9月10日(日)の17日間限定で販売されるのは、「シンガポール クラブ デザート」(税別2400円)。

カニの形をしたチョコレートスイーツを付属の小さなハンマーで割って食べるという、ユニークな逸品です。

・部位によって違う味わいと食感が楽しめる



シンガポールの名物カニ料理である「チリクラブ」からインスパイアされたというこのスイーツは、カニの部位によって味わいと食感が違うという斬新な仕上がり。

カニ爪の中は、カニの身に見立てたマンゴームース、甲羅の中は、ココナッツパンナコッタパンダンゼリーでカニの身を表現しているといいます。

そのうえ、カニの下には、カニの卵を表現したマンゴーのタピオカが敷き詰められているというこだわりぶり!

シンガポールを代表する食べ物とドミニクアンセルのアイデアがマッチしたこれまでにないスイーツは、友人とワイワイシェアして食べるのがおすすめです☆

DOMINIQUE ANSEL BAKERY

http://dominiqueanseljapan.com/

・スイーツ(まとめ)