【詳細】他の写真はこちら

レディースストリートファッションブランド『X-girl(エックスガール)』が、現在Supremeの生産も手掛けるデザイナーのエリン・マギーによって、2007年に立ち上げられた、ニューヨークをベースとするストリートファッションブランド『MADE ME(メイドミー)』との2度目のコレクションを、8月25日より発売することが明らかとなった。

ルックブックのモデルを務めるのは、世界の歌姫、マドンナを母に持つローデス・レオン。フォトグラファー、Mayan Toledanoにより全編NEW YORKで撮影された。

今回は“X-girl×MADE ME 1994”をテーマに、1990年代にX-girlよりリリースされたアイテムからインスパイアされたコレクションとなっている。

このコレクションのために作られたオリジナルのワッペンを前後に配し、左胸にコラボレーションロゴの刺繍が施された、スウェットフード付きキルティングジャケット、左袖から身頃にかけて横断する切り返しのラインがポイントのハリントンジャケットとセットアップ可能なミニスカート、ブランドのネームタグとカラー配色でアレンジを効かせたオーセンティックなハーフジップワークシャツとダブルニーワークパンツ、左胸にロゴの刺繍が入ったボトルネックのグラデーションのボーダーカットソーとビーニー、そしてリンガータイプボディーのセンターにフェイスロゴがプリントされた、90年代のX-girlを彷彿とさせるタイトフィットTシャツ(通称ピタT)、レインボーロゴの刺繍がワンポイントで入ったカラビナ付きスモールバックとソックスの計10型をラインナップ。要注目だ。

【発売日】

X-girl store(原宿)、X-girl 大阪、ECサイトcalifにて2017年8月25日(金)より先行発売

calif ※ECサイト

http://calif.cc/s/170821XGI_MM/