谷口幸夫・東京都立小平高等学校教諭/英語教育・達人セミナー代表

写真拡大

英語教師を対象にした「英語教育・達人セミナー」という勉強会がある。20年以上、全国各地で開催されており、モットーは「明日の授業に即役立つ」。なぜ教師たちは貴重な休日に「学び直し」を行っているのか。英会話教室イーオン・三宅義和社長が、「達セミ」を主宰する現役高校教師の谷口幸夫さんに聞いた――。

■土日は部活でつぶれ、定時に帰れる先生はいない

【三宅義和・イーオン社長】今回は東京都立小平高等学校の進路指導部・英語科教諭の谷口幸夫先生をお迎えしています。谷口先生は長年、現役英語教員の自主研究会「英語教育・達人セミナー」の代表としても活躍してこられました。そんな八面六臂のご活躍をしておられますが、そもそも英語との出合いはいつでしたでしょう。

【谷口幸夫・東京都立小平高等学校教諭/英語教育・達人セミナー代表】私自身は栃木県の田舎の出身ですので、当然のごとく中学校からです。もちろん、塾も予備校に近くにはありませんでした。ただ、最初に習った先生が、大学出たてのバリバリで、当時はやっていたオーラルアプローチという口頭練習や言葉の使われる場面を重視する手法を取り入れた授業をしてくれました。

それと忘れられない思い出が、青山学院大学の女子大生が教育実習に来て、一番前の席に座っていた私が教科書を読んだとき、「There is」と「There are」の発音をほめてくれたのです。オーラルアプローチの成果だったかもしれませんが、「発音が上手ね」とほめられて一気に舞い上がってしまいました(笑)。

【三宅】中学生の頃に、ほめられるのは、ものすごくモチベーションがアップします。いろんな英語の達人と話してもそういう経験をお持ちの方は多いです。逆にけなされて、英語が嫌いになってしまったという話もよく聞きます。学習者の心理は微妙に揺れ動いていますから、先生のひと言は大きい。それが谷口先生が教職の道に進まれた理由かもしれませんね。

最近の中高教育の先生はとても忙しいと聞いています。どのような状況でしょうか。

【谷口】それはもう、ぜひ、太文字で書いて強調してください(笑)。この4月に現在の高校に異動し、自宅と職場が近くなったものの、それでも朝は7時半に家を出て、8時に職員室に着き、8時半からの授業に備えます。プリントの印刷などもその時間にするわけです。

授業は「オーラルコミュニケーション」と「英語表現」の2科目を受け持っています。前者が読む、聞く、話す、書くという4技能総合型、後者が文法と作文を中心としたカリキュラムです。それで週に16時間、1日に2〜4コマの授業を受け持つということになります。

しかも、放課後になるとクラブ活動が控えていたり、会議が入ったりで、17時の定刻に帰宅できる教諭は多くありません。私は前任校で、テニス部を担当していましたが、日曜日に公式戦があると、土曜日は自動的に練習日になり、土日もつぶれます。

【三宅】最近、働き方については、いろんなところで議論されているので、徐々に改善されていくかもしれません。そうでないと、優秀な人材が教員を志さなくなってしまいます。

高等学校の英語の授業ですが、私の時代は当てられて、英語を読んで、和訳する。そして、「はい次」と、今度は別の誰かが読んで訳す。そういう授業が大半でした。最近の授業は大きく変わってきているのでしょうか。

【谷口】変わっていると思います。小平高校の場合、オーラルコミュニケーションなら、その学年を担当している先生が4人いれば、4人の先生がチームになり、3種類のシートを作成して、そのプリントを基に授業を進めます。3つのシートというのは「単語シート」「サイトラシート」「QAシート」です。

このうち単語のシートは私が10年ぐらい前に思いついたのですが、普通は教科書の本文から意味のわからない新出単語を書き出し、その意味を調べて書きます。やってこない生徒が多かったので、それを逆にして、日本語の意味を与え、それに該当する英単語やフレーズを本文から書き出すという形に変えました。その方が、何度も教科書を読むので効果的です。さらに、単語ではなく、意味のまとまりを意識できるようになります。

サイトラというのは、サイト・トランスレーションの略で、左側に英語、右側に日本語訳がついたものです。「見たところを、英語から日本語に訳す(または、その逆)」といった意味で、同時通訳のトレーニング法の1つとしても使われています。

■先輩のノウハウを若い世代に伝える「達セミ」

【三宅】高校の生徒から受ける英語の勉強の悩みとか、相談というのは、どういった内容が多いでしょうか。

【谷口】一番多いのは「文法がわからない」というものですね。でも、よく聞いてみると、文法というレベルの話ではなく、実は単語の用法なんです。例えば、「AにBを思い出させる」という意味の「remind A of B」という表現があると、「of」の使い方がわからないといったことです。

それと「赤点は何点ですか」というストレートな質問も多いです(笑)。私は、生徒たちに努力してほしいので「半分の50点」と言ってみたり、センター試験を意識し「センターでは最低7割とってほしいので70点だね」と言ったりすることもありますね。

【三宅】そうしたご苦労のなかで、先生がた同士で英語の指導法やノウハウをシェアするといったようなことはあるのでしょうか。

【谷口】先ほどのシートもそうですが、自分でつくった自主教材を、ほかの先生に配ったりすることはあります。

【三宅】1995年に谷口先生が主宰されて、英語教員の自主研究会としてスタートした「達人セミナー」についてお伺いします。これは学校での仕事以外の時間を使って、行われています。すばらしい試みだと思うのですけれども、こうした会を開こうとした先生の決意と言いますか、思いはどのようなものでしたか。

【谷口】第1回が95年6月4日でした。会場は当時の勤務校だった筑波大学附属駒場中・高等学校の多目的ホール。200人ぐらい入る大きな教室です。そこに全国から70人ぐらいの参加者が集まってくださいました。会費が無料だったからかもしれません。北は秋田から、南は熊本まで。筑駒は中高一貫校でしたから、中学校の教諭が5分の3、高校の先生が5分の1、あとは出版社や塾、予備校といった教育業界関係者と大学生、院生たちでした。

もともと「達セミ」というのは、墨田区立両国中学校にお勤めだった長勝彦先生の退職の花道をつくろうということで、長先生の59歳、60歳の最後の2年間、6月、9月、翌3月の第1土曜日、つまり各学期に1回ずつ、計6回のセミナーを開くことにしました。その中で、長先生の40年近い経験とか、教え方、考え方などを若い世代に伝えていく狙いもあったわけです。

【三宅】そうですか。

【谷口】最初、午前中は3つの分科会でした。1つは、中学校教員の実践発表。2つ目は高校教員の実践報告。3つ目として、いまから20年以上前に私がかかわっていたNHKの『基礎英語2』というラジオ番組のプロモーションを兼ねた「基礎英語2を作る側、使う側」というものでした。そして午後には、長先生の6回連続講義を設定しました。

■ワークショップ形式の体験型セミナー

【三宅】今年の6月で22周年を迎えられました。多くの英語教員の貴重な学びの場となっていると思います。「継続は力」と言いますが、これだけ長く続けられているというのは、何か秘訣があるのでしょうか。

【谷口】まず「達セミ」は組織がありません。私1人が事務局をしていて、開催日に集まってきた先生が参加費を払って、そこで勉強会に参加するだけなんです。ですから、年会費もなければ、会員もいない。そうした人間関係をエモーショナル・タイと呼んでいますが、気持ちの上のつながりです。「この先生なら、またはこの人のためなら聞きに行こう」という勉強会だから続いたと思っています。

【三宅】そこで成果の上がる授業のあり方をみんなで学ばれて、学校に戻って自分の授業に取り入れられるわけですね。

【谷口】いろんな教材とか、教え方を、参加者が生徒の立場になって、受けるセミナーなんです。以前は研修と言えば、大学教授の講義中心でしたが、最近では座学よりもワークショップ形式で、体験型セミナーになりつつあります。これだと、自分が教える立場のときに取り入れやすい。例えば、教師が説明する際の間の取り方とか、言い方などにしても、生徒の立場になってみると、授業のヒントになるところが少なくありません。また、生徒役になると、緊張しますのでいい刺激になっていいのではないでしょうか。

【三宅】私も様々なセミナー等の機会で、中学校、高校の英語の先生のお話を聞かせていただき、ワークショップにも加わり、生徒役をやらせていただき、とても刺激になりました。非常にテンポが良くて「ああ、なるほど」と、もう目からウロコが落ちる感じでした。

【谷口】確かに目からウロコというのは、参加した先生方の感想のなかでも、とりわけ多い言葉です。目のウロコは時々落としたほうがいいですよね(笑)。

【三宅】ところで、お忙しい先生方が休日を利用して全国各地から参集される。交通費だって大変でしょう。運営費用はどうされているのですか。

【谷口】講師はノーギャラ、原則、交通費・宿泊費は達セミが負担。参加費は全国一律4000円と決めています。でも10人集まって入ってくるのは4万円。土日2日間で8万円です。それで赤字になった分は、私が負担してきました。私たちは公務員なので、お金儲けでやっているわけでありません。そこに来れば皆さんが得るものが必ずあると信じて続けています。

(イーオン代表取締役社長 三宅 義和 構成=岡村繁雄 撮影=澁谷高晴)