2試合連続でゴールを決めているFW岡崎慎司【写真:Getty Images】

写真拡大

 レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司の評価が上昇している。レスター地元紙『レスター・マーキュリー』が報じた。

 アーセナルとの開幕戦に続き、第2節のブライトン戦でもゴールを決めた岡崎は、不動のエースであるFWジェイミー・ヴァーディ-の相棒最有力候補として現地でも高い評価を受けている。

 「岡崎の役割は重要で、それはライン間で相手をかく乱し、プレーを散らしたりつなぎ合わせたりすること」と前置きしたうえで同紙は、現在の岡崎について「現時点では、岡崎ほどその役割をできているものはいない」と評した。他にも「2試合で2ゴールを決めたことにより、彼はスタメンを確保し始めているようだ」とさらなる評価も付け加えている。

 昨季から在籍するアルジェリア代表FWイスラム・スリマニやナイジェリア代表FWアーメド・ムサに加え、今季は同じくナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョがマンチェスター・シティから加入したことにより、更に激しい定位置争いに挑まなければならない岡崎。開幕戦から鮮烈な印象を残している現時点では、1歩リードした状況にあると言えるだろう。

text by 編集部