抱き合って喜ぶ岡崎とリヤド・マフレズ

写真拡大

 レスター・シティの選手たちが口々にMFリヤド・マフレズを賞賛している。地元メディア『レスター・マーキュリー』が伝えた。

 移籍も噂されるなか、ブライトン戦(2-0)で全得点に絡むなど活躍をみせたマフレズ。「マラドーナのようだった」などと、仲間から称える声が上がった。

「彼の能力は僕らもよくわかっている」と口を開いたDFダニー・シンプソンは「ホイッスルが吹かれた瞬間から、彼はチームのために奔走していた。こうなったときの彼は誰にも止められない」と言い、「後半戦はすこし不運だったけど、マフレズはマラドーナのようなプレーを見せていた。そしてアシストを決めた」と称える。

「みんなが同じことを言うと思うけど、彼のようなすばらしい選手には残ってほしいと思っている。彼はトップ選手だ。彼が残るのなら僕らはとてもうれしいよ」

「彼はレスターの選手だし、まだまだここでプレーしてもらいたい。今日の試合では、僕らが彼に残ってほしい理由が示されていたと思う。まだ移籍期間は少し残されているけど、できれば彼には残ってほしい」

 また、MFマティ・ジェームズも「彼は本当にチームに溶け込んでいる」と移籍に揺れていたマフレズのピッチ上での振る舞いを称えた。

「彼は自分がどういうキャリアを歩んできたのかよくわかっている。レスターが彼を(フランス2部から)引き上げて、そしてこのクラブで多くのことを成し遂げてきた。だから彼らはその関係を壊したいとは思わないはずさ」

「リヤドはみんなが彼に残ってほしいと知っている。プレシーズンやここ2試合、彼のパフォーマンスはすばらしかった」

「彼にも個人的な野望はあるかもしれない。だけど究極的に言えば、彼はレスターの選手なんだ」

「ただ、物事には優先順位というものがある。選手が出ていくと言えば、それを尊重するしかない。もちろん彼が残ると言えば残るだろう。いずれにせよ、僕らはみんな彼に残ってほしいと思っているよ」

 なお、同メディアによれば、ローマへの移籍を志願したと報じられたマフレズだが、ブライトン戦後にチームメイトたちへ残留することを明かしたという。


●プレミアリーグ2017-18特集