中央気象局提供

写真拡大 (全2枚)

(台北 21日 中央社)軽度台風(台湾基準)台風13 号は21日、沖縄の南の海上を西に進んでいる。中央気象局によれば、台湾への影響が最も大きくなるのは、21日夜から22日日中にかけて。東部や南部では21日午後以降、断続的に雨や雷雨になり、所により大雨になる恐れがある。東部や恒春半島、南西部の沿岸では高波に警戒するよう、気象局は注意を呼び掛けている。

気象局によれば、台風13号は21日午前11時現在、台湾最南端、鵝鑾鼻(ガランピ)の東南東約430キロの海上にあって、時速15キロから19キロに速度をやや速めながら西北西に進む見込み。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル。

気象局は、午後2時30分にも南部・屏東、東部・台東に対し、陸上台風警報(18時間以内に陸地に風速13.9メートル以上の風が吹く恐れ)を発令する予定。

(汪淑芬/編集:名切千絵)