蓄えたひげがトレードマークとなっていたカイリー・アービング【写真:Getty Images】

写真拡大

NBA入り後6年間伸ばしてきたひげをバッサリ、米誌がツイッターで画像公開

 NBAを代表するポイントガード、クリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービングは、チームにトレードを要求したと報じられ、その去就が世界中の注目を集めている。そんな25歳のスーパースターが、今度は“ひげ”を巡って喧騒に巻き込まれた。トレードマークだったひげを剃った写真がツイッター上に公開されると、「もはやカイリーにすら見えない」「50歳に見える」と反響を呼んでいる。

 ひげ一つでここまで印象が違うのか。思わずそう思ってしまうほどの“大変身”だ。

 アービングはスポンサーのプロモーションツアーで日本、台湾、中国を訪れるなど多忙なオフを過ごしてきたが、10月17日(日本時間18日)に開幕する2017-18シーズンに向けて、すでにトレーニングを開始。米バスケ誌「ダイムマガジン」の公式ツイッターで公開された写真には、ジョージア工科大のバスケットボール部門選手人事課長のマリオ・ウエスト氏とともに、口から顎にかけて蓄えていたひげをきれいに剃り、すっきりとしたアービングの姿が映り込んでいる。

 アービングはNBA入りした2011年は、口ひげと顎ひげがわずかにある程度の19歳らしい風貌だったが、徐々に蓄える量が増えていき、6年が経過した昨季は“ひげ男”と言ってもいいほどの長さになっていた。

ファンも即座に反応「オバマだ」「エディー・マーフィーに見える」

 鋭いドライブや高精度のシュートと並ぶ“トレードマーク”を綺麗に剃った姿を、米紙「USAトゥデー」は「カイリー・アービングが髭を剃り、完全に認識できない」と特集。NBAの公式情報サイト「NBAセントラル」もツイッターに「カイリー・アービングが新しいルックスを披露」というメッセージとともに別カットの写真を公開すると、ファンたちもすかさず反応した。

「もはやカイリーにすら見えない」

「カイリーの父親か何かだ」

「50歳に見える」

「カイリーがビバリーヒルズ・コップのエディー・マーフィーに見える」

「オバマだ」

 といった驚きのコメントが相次いだ。

 アービングはより中心選手としてプレーできる場を求め、チームにトレードを要求したとして注目の的となっていたが、思わぬ形で話題をさらってしまった。