積極補強の新生ミラン、3発快勝で白星スタート…好調の19歳がゴール

写真拡大

 20日、セリエAの開幕戦が行われミランとクロトーネが対戦した。

 今夏の移籍市場で積極補強を行なっていたミランは、レオナルド・ボヌッチ、Fマテオ・ムサッキオ、リカルド・ロドリゲス、アンドレア・コンティ、フランク・ケシエ、ハカン・チャルハノール、ファビオ・ボリーニら新戦力がスタメンに名を連ねた。

 試合は早速動く。5分、クロトーネはフェデリコ・チェッケリーニがペナルティーエリア内で相手を倒してしまい、ミランにPKが与えられる。さらにこのプレーで、チェッケリーニがレッドカードを受けてしまい、80分以上を10人で戦うことになる。ミランはこのPKをケシエが冷静に決め、先制点を手に入れた。

 アウェイのミランが、一人少ないクロトーネを攻め続ける。18分、ペナルティーエリア右サイドでボールを受けたスソが縦に突破した。深いところからクロスを上げると、角度のないところからパトリック・クトローネがヘッドで合わせて追加点。好調を維持する19歳のゴールが、ミランに勢いをもたらす。

 さらに24分、ディフェンスラインの裏に抜け出したクトローネにボールが入ると、ペナルティーエリア内左サイドから中央で待っていたスソにパスを出す。スソの左足ダイレクトシュートがゴールに突き刺さり、ミランが3点のリードを奪う。

 その後、両チームとも決定機を決めきれずに試合は終了。新戦力がチームにフィットしたミランが、開幕戦白星スタートを切った。

 クロトーネは次節、27日にヴェローナと、ミランは同日にカリアリとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
クロトーネ 0−3 ミラン

【得点者】
0−1 5分 フランク・ケシエ(PK)(ミラン)
0−2 18分 パトリック・クトローネ(ミラン)
0−3 24分 スソ(ミラン)