食事の種類

ペットフードについて、平成21年6月1日に「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(通称:ペットフード安全法)」が施行されたことによって管理が明確にされました。
ペットフードの分類として、以下のようなものがあります。

ドライ

一般的なドッグフードはこちらになります。
水分含有量が10%程度、またはそれ以下のフードです。
ドッグフードと言われればこちらを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
「カリカリ」と呼ばれることもある乾燥したものですね。
開封後も長期保存が可能で、少ない量でも効率よくカロリーや栄養素を取ることができます。

セミウェット、ソフトドライ、半生タイプ

最近よく見かけるのが半生タイプのものです。
水分含有量が10〜35%程度のフードです。
固い食感が好きではない犬にあげたりします。
ドライタイプよりも匂いがあるので、犬の食欲をそそるかと思います。
ドライタイプに比べると少々お値段が高く、長期保存はできないためコストパフォーマンは劣ります。
このタイプとドライタイプを混ぜてあげる方が多いようです。

ウェット

水分を多く含んだフードで、缶詰やレトルトパウチの状態で売られています。
製品水分75%程度で、加熱殺菌工程を経て作られたフードです。
これをあげると大喜びする犬が多く、よく食べてくれます。
少しお値段が高めなので、ドライタイプのものと混ぜてあげたり、トッピングとして少しかけて使う方もいます。

ベストな食事量とは?

まずは体重

1日に必要な食事の量はあげるフードによって異なります。
愛犬の隊順を知り、与えているペットフードに書かれている量を守って与えるのが基本です。
1日に必要な量がわかったら、1日に数回わけて与えましょう。

必要な食事量とカロリーの公式

フードによって差もありますが、目安として1日に必要な食事量の公式と必要なカロリーの公式をご紹介します。

[1日に必要な食事量]
犬の体重÷4×100=1日に必要な食事量

[1日に必要なカロリー]
体重1kgあたり50〜150kcal

例えば体重が4kgのチワワが必要な食事量は100g、必要なカロリーは200〜600kcalとなります。

成長に合わせたフード

どんな時期にどのフードを与えたら良いのか、迷うこともあると思います。特に子犬やシニア犬、妊娠している犬の場合迷うのではないでしょうか。
そのために年齢別用フードというものがあります。

[授乳期]
生後4週間前後まで与えるものです。犬の母乳の成分をもとにした粉ミルクや液状になっているミルクがあります。

[子犬/成長期]
生後8週間前後までは離乳食を与えます。
ドライタイプのフードをふやかしたり、砕いて粉末状のフードをペーストにしたり、ウェットタイプにするなどの工夫をして食べやすくしてあげましょう。
そこから徐々に慣らしていきます。
生後8週間〜1歳までは子犬用や成長期と書かれたフードを与えます。
骨の成長に必要な成分が多く含まれています。

[成犬/シニア犬]
1歳以降は成犬用のフードをあげると良いでしょう。タイプは色々ありますので、愛犬の好みや状態に合わせたものを選んであげてください。
シニア犬と呼ばれる7〜8歳以降からは高齢犬用、シニア犬と書かれたものを上げて下さい。
運動量や代謝の低下に合わせて、低カロリーや低脂肪といった調整がされていたり、各種栄養が多く入っていたりする調整されたフードとなっています。

食事回数の目安

成長や体調によって犬の1日の食事回数は異なります。

子犬の場合

離乳食の場合は1日4回与えます。
生後2ヶ月ぐらいになると子犬用のフードを1日3〜4回与えます。
生後4ヶ月になるとフードを1日3回にします。
生まれてからしばらくは一度にとる食事の量が少ないのですが、成長するにつれて消化器官も発達してくるので回数は減っていきます。
生後8ヶ月〜1歳になるまでに子犬用のフードを徐々に減らして、成犬用のフードに以降していってください。混ぜて与えるのも良いかもしれません。この頃から回数は2回になります。

成犬/シニア犬の場合

1歳以降は成犬用のフードを1日2回、朝・夕与えます。
7〜8歳以降のシニア犬になったらシニア犬用のフードへと切り替えましょう。
食事を与える回数は2回で良いですが、体調や病気の有無によって少量を数回に分けて与えることもあります。

まとめ

犬の食事は基本的にドッグフードとなっています。
昔は人が残した物を与えたりしていたのですが、現在は犬用に栄養などが調整されたものが売っているのでそれを与えましょう。
種類もたくさんあるので愛犬の好みや状況に合わせてあげられるのが良いですね。
犬にとって食事は楽しみでもあり健康のためのものでもあります。
愛犬の体調や病気の有無に合わせて適切な食事を心がけてください。
飼い主さんがしっかりと管理して長生きしてほしいですね。