@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

シロン 北米納車を開始

ブガッティは米国・カリフォルニアで開催されたペブルビーチ・コンクールデレガンス2017において、北米向け第1号車となるシロンを納車した。


ブガッティにとって北米は、ヨーロッパにつぐ第2のマーケットだ。シロンのオーダーの約30%が、アメリカからのものだという。

北米販売価格は、輸送費、関税などを含むため、$2.998 million(3億2738万円)に達する。

北米第1号車 車内もツートーン

北米向け第1号車は、まばゆいイエローに、ブラックをあわせたカラースキームを採用した。


・車体前部:明るいイエロー
・車体後部:「ノクターン」という名前のブラック
・ホイール:「クラシケ」タイプ
・インテリア:フルレザー(イエロー/ブラック)


エクステリアのツートーンテーマは、車内にも適用されている。シート、アームレスト、センターコンソール、ドアトリムがイエローで、それ以外は「ベルガ・ブラック」のレザーという仕立てだ。

なお、シロンは限定500台の生産となるが、すでに世界中からオーダーが届いており、半数以上が売約済となっている。