『SUMMER SONIC 2017』メインステージに初登場したBABYMETAL=20日/千葉・ZOZOマリンスタジアム Photo by Taku Fujii

写真拡大

 3人組メタルダンスユニット・BABYMETALが20日、千葉・ZOZOマリンスタジアムで行われた『SUMMER SONIC 2017』に出演。2012年に史上最年少で初登場以来、6年連続6回目の出演となる今年、自身初となるメインステージの2ndヘッドライナーに起用され、圧巻のステージを披露した。

【写真】「サマソニ」メインステージに初登場したBABYMETAL

 「BABYMETAL DEATH」が始まると、メインステージのマリンステージは大歓声に包まれた。冒頭から「ギミチョコ!!」「メギツネ」でパワフルにたたみかけ、「Catch me if you can」でSU-METALが「SUMMER SONIC! ついにここまで来ました!」と告げると、サークルモッシュの嵐となった。

 全員10代ながら世界各国のロックフェスで大物たちと競演してきたその姿は貫禄すら漂い、すさまじい熱量で全8曲をパフォーマンスして2ndヘッドライナーを務めあげた。

 BABYMETALは現在、『5大キツネ祭り in JAPAN』を開催中で、9月26・27日のさいたまスーパーアリーナ2days、10月14・15日の大阪城ホール2daysはいずれもチケット即完売。ツアーファイナルとなる15日の大阪公演の模様が翌16日、東京・Zepp DiverCity、大阪・Zepp 大阪ベイサイド、愛知・Zepp Nagoyaで上映されることが決定した。