乃木坂「逃げ水」ミリオン達成、DAOKO×米津に注目、9nineが大御所とコラボ:今週の邦楽まとめニュース

写真拡大

 2017年8月9日にリリースされた乃木坂46の18枚目のシングルCD『逃げ水』が初週累計売上1,028,543枚でミリオンセールスを達成した。前作『インフルエンサー』を約18万枚も上回る本作は、セールスチャートで堂々の1位。収録曲「逃げ水」はシングル1位、ルックアップ1位、Twitter1位の3冠でJAPAN HOT100総合でも首位を獲得している。

【ビルボード】乃木坂46「逃げ水」がミリオン達成し総合首位、DAOKO×米津玄師「打上花火」ダウンロード1位で初登場総合3位に
【ビルボード】乃木坂46『逃げ水』ミリオン達成しシングルセールス首位、前作『インフルエンサー』を大きく上回る結果に

 総合2位のMr.Children「himawari」に次ぐのが、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌である、DAOKO×米津玄師の「打上花火」だ。本曲はダウンロード1位、Twitter2位、ラジオ再生回数1位と各指標で高ポイントを獲得。アニメと実写を組み合わせたミュージックビデオも公開されたばかりで、今後の動きに注目したい。

【ビルボード】DAOKO×米津玄師の強力タッグによる話題の映画主題歌がアニメチャート首位
DAOKO×米津玄師、「打上花火」の実写版MV公開
 
 アルバムチャートでは、V6の『The ONES』が初週累計125,523枚を売上げ、週間アルバムセールスチャート首位を獲得した。通算13枚目、約4年半ぶりのオリジナル・アルバムとなる本作は、2位以下を大きく引き離す形で今週の総合アルバムチャートHot AlbumsもNo.1に輝いている。セールス2位にはチャン・グンソク『Voyage』がチャートイン。ダウンロード21位、ルックアップ34位と他指標は高ポイントを稼げなかったものの、総合3位と好スタートを切った。

【ビルボード】V6『The ONES』が総合アルバム首位を獲得、アヴィーチー新作はDLのみで総合2位
【ビルボード】V6『The ONES』が12.5万枚でアルバムセールス首位、チャン・グンソクは後半追い上げて2位に浮上

 音楽フェス【WORLD HAPPINESS 2017】の出演が話題を呼んだ、のんが、新レーベルKAIWA(RE)CORD発足を記念した『オヒロメ・パック』のEP盤を9月6日にリリースすることがわかった。初回1,500枚の限定盤で、サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい」、RCサクセション「I LIKE YOU」のカバーが両A面で収録されるとのことだ。

のん、KAIWA(RE)CORD発足記念EPを9月にリリース決定

 こちらも音楽フェス出演で注目が集まっているのが、9nineだ。なんと、明日8月20日開催の【SUMMER SONIC 2017 TOKYO】のGARDEN STAGEに出演するザ・トレヴァー・ホーン・バンドのステージに9nineが登場することが決定。9nineが8月16日にリリースした「SunSunSunrise」を、イエスやシール、t.A.T.uなど数々のアーティストを手がけてきたトレヴァー・ホーンが書き下ろしたことから実現した今回のコラボレーション。熱いステージで観客を沸かせることだろう。

9nine サマソニでトレヴァー・ホーンとコラボ決定

 秦 基博の「朝が来る前に」が、9月16日から公開のフランス映画『あさがくるまえに』のオフィシャル・イメージソングに起用された。心臓移植という現実に直面した家族や医者たちの葛藤を描いたヒューマンドラマで、秦は「自分の曲のタイトルとこの映画の邦題が同じという縁で、『あさがくるまえに』に出会えたことを嬉しく思います」と今回の起用について喜びのコメント。「朝が来る前に」は、2009年1月にリリースされた秦の7枚目のシングル曲で、ヒット中のベストアルバム『ALL TIME BEST ハタモトヒロ』にも収録されている。

秦 基博 8年前の名曲が仏映画「あさがくるまえに」とコラボ! 新ミュージックビデオ公開も

その他今週の注目ニュース
石毛輝(the telephones/lovefilm)新プロジェクト始動&新レーベル発足
『KinKi Kids 20周年 MTVアンプラグド』がGYAO!で無料配信開始
JUJU、竹野内豊主演NHKドラマ主題歌を担当! 7か月ぶり新曲「いいわけ」決定
桑田佳祐 15年ぶりに出演したロックフェスの裏側に迫る! 『AERA』表紙に登場
超特急 フォトブック撮影秘話を明かす! ユーキを驚かせたユースケの行動とは