ポエトリーラッパー春ねむりが、映画祭【MOOSIC LAB 2017】に出品される映画『; the eternal /spring』の主題歌を手がけていることが発表された。

 同映画は、2014年に開催された【JUNON Girls CONTEST】ファイナリスト選出、SHISHAMOのワンマン映像や、複数のテレビCM等に出演している、芋生悠が主演を務めている。監督は、【第26回早稲田映画まつり】新人賞受賞など、その才能が高く評価されている新進気鋭の若手映画監督 児山拓大が担当。なお、同映画のティザー映像が、YouTubeにて公開されている(https://youtu.be/JyC80gcLxg4)。

 主題歌「kick in the world」は春ねむりによる書き下ろし曲。これまで春ねむりの名前は伏せられており、主演 芋生悠が劇中で組んでいる架空バンド“Utopia”の楽曲として、UtopiaバージョンのミュージックビデオがYoutubeに公開されていた。映画内では春ねむりによるフル尺音源の他、アコースティックアレンジバージョンが使用されている。

 映画祭【MOOSIC LAB】は、2012年から始まった新進気鋭の映画監督とアーティストを掛け合わせた映画制作企画を具現化する“音楽×映画プロジェクトで、コンペ形式、対バン形式で上映する異色の映画祭だ。8月12日から9月6日まで、新宿K’s cinema、渋谷UPLINK、渋谷SARAVAH東京にて開催される。なお、春ねむりは、8月20日、31日 新宿K’s cinemaにて、上映後の舞台挨拶に登壇する。