cuneの生熊耕治、ワンマン公演にSadieの亜季とSOPHIAの赤松芳朋

写真拡大

cuneの生熊耕治(Vo&G)が9月20日、ソロ名義としては初となるフルアルバム『12-Twelve-』をリリースする。このリリースに先駆けてワンマンライブ<真昼の月>を開催することが明らかとなった。

◆生熊耕治 画像

<真昼の月>は2016年の5月および10月に東名阪で開催されたもの。タイトル通り、真昼の開催は普段と一味異なるコンセプトライブとしてファンを魅了した。

9月17日13時より下北沢LIVEHOLICで行われる今回の再演では、これまでリリースされた楽曲はもちろん、最新アルバム『12-Twelve-』収録曲もいち早く披露されるとのこと。サポートにベースに亜季(Sadie)、ドラムに赤松芳朋(SOPHIA / HATAKE BAND / S.R.O.D.)を迎えたバンドスタイルで開催される予定だ。

なお、生熊耕治は同アルバムを引っ提げて、11月23日の名古屋R.A.Dを皮切りに東名阪ツアー<Release Tour 2017「12-Twelve-」>を行うことも決定している。

■ワンマンライブ<真昼の月>
2017年9月17日(日)下北沢LIVEHOLIC
開場12:30 開演13:00
▼サポートメンバー
Bass:亜季(Sadie)
Drums:赤松芳朋(SOPHIA / HATAKE BAND / S.R.O.D.)
▼チケット
一般 前売4,200円/当日5,000円(ドリンク代別)
学生 前売2,500円/当日3,000円(ドリンク代別)
一般発売:イープラス

■1st Full Album『12-Twelve-』
2017.9.20 on sale
3,000円(税別)
01.トナンの翼
02.VEGA
03.Golem
04.NERO
05.12-Twelve-
06.UNDER WANDER
07.SLOW STARTER
08.I wanna say!!!
09.garbage
10.善悪のパラレル
11.ANOMARY
12.FISH

■<Release Tour 2017「12-Twelve-」>
11月23日(木)名古屋R.A.D
12月09日(土)東京 六本木Varit.
12月17日(日)大阪2nd LINE

◆生熊耕治 オフィシャルサイト
◆cune オフィシャルサイト