エクスペディア・ジャパンは、世界17カ国で「ビーチ旅行」に関する意識の国際比較調査を実施し、結果を発表した。

「ビーチでのナンパをしたことがあるか」、「知らない人とビーチでいちゃいちゃしたことがあるか」という質問に対しては、日本人が世界で最も少なかった。「ナンパ」が一番多いのはブラジル、「知らない人といちゃいちゃ」が一番多いのはアメリカだった。

さらに、ビーチで夕日デートをしたことがあると答えた国上位は、メキシコ、ブラジル、ドイツが約7割となった。日本人は約25%だった。「ビーチでヌードになったことがある」日本人はわずか2%、「ビーチでトップレスになった経験がある」女性も1%で、いずれも世界で最も低かった。

この他にも、ビーチで許せない人の行動は、「帰る時に片付けをしない人」、「酔っぱらい」、「音楽を大音量でかけている人」がトップ3となった。日本とその他の国を比較すると、「酔っぱらいを許せない」と思う人の割合は世界平均では約5割なのに対し日本人は約7割となった。

調査は、アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー、オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、インド、タイの世界17カ国の18歳以上の男女計15,363人を対象に行った。