UFG開始を翌日に控えた20日、京畿道・平沢にある在韓米軍基地に並ぶアパッチヘリ=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は21日の定例会見で、同日始まった韓米合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)について、毎年行っている防衛的な性格の訓練と説明し、北朝鮮に対し、挑発行為を中止して対話の場に出るよう改めて促した。

 北朝鮮はメディアを通じ、UFGについて「火に油を注ぐもので、(朝鮮半島)情勢を一層悪化させる」と非難するなど、激しく反発している。

 北朝鮮内部に特別な動きがあるかどうかに関して、白報道官は「まだ特別な動向はない」と話した。