南野先発出場でアシスト記録も負傷交代…ザルツブルクは5発快勝

写真拡大

 オーストリア・ブンデスリーガ第5節が20日に行われ、FW南野拓実が所属するザルツブルクとザンクト・ペルテンが対戦した。南野は2試合連続で先発出場を果たした。

 ザルツブルクは31分、ピッチ中央付近でボールを受けた南野が相手をかわし、ディフェンスの裏へスルーパスを出す。裏へ抜けたモアネス・ダブールがGKもかわしてゴールへと流し込み、南野のアシストからザルツブルクが先制する。

 積極的なプレーを披露する南野だったが、40分にシュートを打とうとした瞬間に相手選手と交錯。このプレーによって、負傷をして交代を余儀なくされてしまう。

 ザルツブルクはその後追加点を決め、クリーンシートとはいかなかったものの、ホームで5得点を記録し、快勝した。

 ザルツブルクは次節、25日にホームでビートルルと対戦。ザンクト・ペルテンは26日にアウェイでウォルフスベルガーと対戦する。

【スコア】
ザルツブルク 5−1 ザンクト・ペルテン

【得点者】
1−0 31分 ムナス・ダブール(ザルツブルク)
2−0 47分 ハネス・ヴォルフ(ザルツブルク)
3−0 53分 ラインホルト・ヤーボ(ザルツブルク)
4−0 59分 フレドリク・グルブランセン(ザルツブルク)
4−1 72分 ローペ・リスキ(ザンクト・ペルテンク)
5−1 90分 ファン・ヒチャン(ザルツブルク)