敵地で浦和に敗れたFC東京。3連勝を逃し、順位を10位に落とした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 優勝候補に挙げられながら中位に埋没。両者の課題が浮き彫りとなった一戦だった。
 
 浦和と東京に共通する課題は、ゲームをしっかりと組み立てられないということだ。
 
 浦和はボール支配を志向しながらも、逆にパスを回される時間が長く、2度のゴールを除けばいい形は少なかった。東京が巻き返しに出た終盤はカウンターから決定機を迎えたが、ダメ押しの3点目を奪えず、守りも不安定で落ち着いて逃げ切ることはできなかった。
 
 敗れた東京も、評価できるところは少ない。
 このチームで気になるのは、質量ともに豊富な前線のタレントが噛み合っていないということ。本来はグループであるはずなのに、ソロ活動しているように見えるのだ。特に大久保とウタカ。ふたりの得点王はひとりで決めようとするあまり、呼吸やコンビネーションが感じられない。
 
 結局、勝敗を分けたのも、その部分だ。
 3、4人の素早いコンビネーションで2ゴールを奪った浦和に対して、東京はタレントを次々と投入しただけだった。その効果で終盤は押し込んだが、最後までアンサンブルが生まれることはなかった。
 
 シーズンは長いようで短い。
 開幕直後を振り返ると、大久保は「このチームには形がない」と言い続けていた。結局、これといった形がないまま8月下旬になっているのだ。正直なところ、収穫の秋はイメージできない。
 
 東京に厳しいことを書いてきたが、ゴール裏に目を移すとふたつの場面が印象に残った。どちらもサポーターの行動である。
 
 ひとつは雷雨が収まり、彼らがゴール裏スタンドに一斉に入ってきた場面。ドカドカと太鼓を叩き、派手に旗を振り回しながら、一斉にゴール裏に入ってきた。その様子がとても賑やかで良かったのだ。
 アルゼンチンでは南米版ウルトラスの「バーラ・ブラバ」という怖い集団がいて、試合開始直後に大騒ぎしながらスタンドに入ってくる。その光景がちょっと重なり、ちょっと得した気分になった。
 
 もうひとつは前半終了直後のコール。1-2での折り返しを迎えた彼らは、一斉に「ショーヤ」コールを繰り返した。もちろん、中島を出せ、というアピールだ。

【PHOTO】浦和2-1FC東京|橋本の同点弾、中島投入も実らず…
 これが私にはちょっと新鮮だった。Jリーグは試合に出ている選手への声援ばかりで、「こいつを出せ!」と要求するコールはほとんど耳にしないからだ。
 
 海外では、こういうケースは事欠かない。
 思い出すのは2006年ドイツ・ワールドカップ、ブラジルとクロアチアの一戦だ。このときブラジル人ファンがまったく走らないロナウドに腹を立て、ロナウドがボールに絡むたびにベンチにいるロビーニョの名前を執拗に叫び続け、ロビーニョを引っ張り出すことに成功した。こうやって彼らはゲームを動かそうとする。ただ素直に応援しているだけではない。
 
 さて、ショーヤコールを聞いた篠田監督、いったいどうするだろうと思ったら、後半の頭からFWを交代させた。だが投入されたのは、中島ではなくウタカ。サポーターのリクエストとは違っていた。
 だが、しばらくしてその瞬間が訪れた。62分という早い時間、3枚目のカードとして中島が送り出されたのだ。もしかすると、「世論」が効いたのかもしれない。
 
 結局、中島の投入もゴールには結びつかず、東京はまた順位を落とした。
「世論」がいつも正しいとは限らないが、サポーターはお金と時間と体力を費やしているのだ。もっと貪欲にゲームに関わってもいいんじゃないかと私は思う。
 
取材・文:熊崎 敬(スポーツライター)