リアム・ギャラガー「マンチェスター・アリーナ再開公演でプレイしたい」

写真拡大

5月22日に英国で起きた自爆テロの標的となったマンチェスター・アリーナが、9月9日、慈善公演<We Are Manchester>の開催と共に再開されることが発表されたが、リアム・ギャラガーは予定さえ合えば、これに出演したかったそうだ。

◆リアム・ギャラガー画像

リアムは金曜日(8月18日)、「9月9日、MCRのあのギグでプレイしたい。だが、残念ながらスペインでプレイする予定がある。とは言っても、目と鼻の先だ」とつぶやいた。

<We Are The Manchester>には、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ、ザ・コーティナーズ、ブロッサムズ、リック・アストリー、ピクシー・ロット、詩人トニー・ウォルシュらが出演。ノエルがヘッドラインを飾る。

コンサートの収益はすべてマンチェスター市が管理する基金Manchester Memorial Fundへ寄付され、犠牲者を追悼する記念碑を建立計画だという。

リアムは、6月初め、出演予定だったドイツでのフェスティバルが中止されたため、急きょ英国へ飛んで帰り、爆発事件の犠牲者を支援しアリアナ・グランデが開いた慈善公演<One Love Manchester>にサプライズ出演していた。

Ako Suzuki