フリトレー社のスナック菓子「チートス」といえば、世界40ヵ国で販売されている人気商品。チェダーチーズの濃厚な味わいと食感がクセになっている人も多いのではないだろうか。何を隠そう、僕もその1人だ。

なんと、その「チートス」を食材にした創作料理が登場。NY・ウェスト・ビレッジのポップアップレストラン「The Spotted Cheetah」で味わえるようだ。

有名シェフ
アン・バレルを起用

究極のチートス料理をひねりだしたのは、有名シェフのアン・バレル。彼女のトレードマークであるロックスターのような髪型は、チートスに負けず劣らずスパイシー。シェフ自身も、長年に渡るチートスファンとのことで、今回の特別なメニューづくりにも、いっそう力がこめられているとのことだ。

全11種類の料理

料理は、8ドル(約880円)〜22ドル(約2,420円)の3つのコース、全11種類のチートス・オリジナル・ディッシュが楽しめる。

少しだけメニューを紹介すると、ミートボールやタコス、ナチョスから、さらには、チーズケーキなどのスイーツまでといった幅広いバリエーション。いずれも、チートスが使われているというから驚きだ。創造性と遊び心がたっぷり詰まった料理は、きっと刺激的なはず。

残念ながら、このポップアップレストランは、2017年8月15日〜17日までの3日間の限定営業。とはいえ、アンのチートス料理のレシピは、こちらから無料ダウンロードできるようだ。

NYで評判のシェフが、どんな風にスナック菓子を本格的料理に昇華させているのかは見てのお楽しみ。もちろん、あなたがアレンジを加えてオリジナルな一皿を作ってみるのもオススメ。自由な発想で、スパイスの効いたクッキングを楽しんでみよう。

Licensed material used with permission by FRITO-LAY NORTH AMERICA, INC