iPhone 8用とされる「A11」プロセッサや、画面を保護するパネル・Lightningポートなどが搭載された基板を撮影したとする写真が公開されました。

iPhone 8に搭載されるA11プロセッサ?

以下の写真が、iPhone 8に搭載されるA11プロセッサを撮ったとするものです。基板にはまだ搭載されていません。

Appleのロゴ・「A11」の文字は読めますが、ピントが合っていないためか、製造番号などは分かりません。過去にはこの番号から製造時期が推測されていました。

A11プロセッサは、『iPhone 7』に搭載されているA10プロセッサと同じく、低電力プロセッサと高性能プロセッサを組み合わせたものになる、と考えられています。

A11プロセッサの処理能力をベンチマークアプリで計測したとする結果によれば、iPhone 7の1.2〜1.5倍の性能とされています。しかし、その信ぴょう性は定かではありません。

保護パネル・Lightningポートも流出か

iPhone 8の画面を保護するパネルや、iPhone 8用とされる電源ケーブル・Lightningポートの写真も公開されています。

保護パネルの形状はこれまでの噂に沿ったもので、目新しい点はありません。原寸大模型のパーツという可能性もあります。

Lightningポートの写真は『SLASHLEAKS』で見ることができます。

iPhone 8 OLED display assembly, lightning and power flex cables leaked « SLASHLEAKS

Lightningポートと思われるものが搭載された基板・フレキシブルケーブルは、これまでのiPhoneのものとは異なる形状に見えます。イヤホンジャックは見当たりません。

参考

Apple A11 CPU for iPhone 8 spotted in the wild « SLASHLEAKSiPhone 8 OLED display assembly, lightning and power flex cables leaked « SLASHLEAKS