コンビニエンスストアでは7月24日より先行発売されていた『餃子の皮チップス(タレ掛け焼き餃子味)』。タレをつけて食べる時の餃子の皮を再現と。なるほど、食べた瞬間に勝敗を決するタイプの出落ち(?)的アイデアスナックか。それではパクッといってみよう。

■ベビースターラーメンで磨き抜いた小麦粉ベースのカリカリ・パリパリ技術を駆使した商品と思いきや!

 

「ベビースターラーメン」で有名なおやつカンパニーからのキワモノ的限定スナック『餃子の皮チップス(タレ掛け焼き餃子味)』(50g・実勢価格 税抜120円・2017年8月14日発売)。この手はヤマヨシの専売特許という訳ではないとばかりの新商品。ただ今までも期間限定で発売して来たので、それなりにファンは付いていると見える。今までも同社はBSRで鍛え抜いた加工技術を駆使して「厚切りフランスパン工房」(現在は生産終了)も生み出してきたメーカーなので、あながち期待しないでもない。

餃子の皮といえば、小麦粉と水が主成分。ところがさりげなく原材料を見ていると、トップに来ているのがでんぷん。心に灯る黄色信号。封を切ってみると、中にはまん丸な三河屋製菓の名品「えび満月」ライクな見た目の薄手の物体が入っている。茶色い焦げ目の合間にニラのグリーンがチラチラ。

食べてみると、やはり強烈なニンニクの味と匂いと「えび満月」の食感。ラー油も利いていて味は美味しい餃子味。かなりの再現度だと思う。しかしこれ、なぜでんぷん(おそらくじゃがいも由来?)なのか。勝手な思惑だが、小麦粉の扱いはベビースターラーメンで至高の域に達している同社。「食べ方いろいろベビースター」で驚異の長さのまま食べるそれは圧巻の香ばしさだし、横浜・中華街で食べた出来立てのベビースターラーメンには大きく感動したものだ。

なのに、餃子の皮ででんぷん…。確かに餃子の皮に添加されていることが多いのは否定しない。でも小麦粉扱いで究極の域に達しているおやつカンパニーが、なぜわざわざでんぷんをチョイスしたのかは疑問だ。正直、小麦粉ベースで作ってくれたら、それはもう迫真の餃子の皮スナックが生まれただろうと勝手に想像したからだけれども。

とはいえ、食べているとクセになるのは確かな『餃子の皮チップス(タレ掛け焼き餃子味)』。周囲に迷惑をかけるレベルのニンニクフレーバーは、これまた名品「ハートチップル」(リスカ)を思わせる強烈さ。あちらのベースは米粉だが、でんぷんベースに醤油、ガーリックをきかせてエビ、ニラ、ポークエキスなどを練りこんだ『餃子の皮チップス(タレ掛け焼き餃子味)』は、さらに餃子感が果てしない。

小林よしのり的なイラストも下世話なこの禁断スナック。食べた後に人に会うのはお勧めできない。入手は全国のコンビニエンスストア、スーパーマーケットで可能。