ゴールを喜ぶディバラ

写真拡大

19日土曜に行われたセリエA開幕戦のユベントス対アカリアリ戦で、パウロ・ディバラとゴンサロ・イグアインがゴールを決めユベントスを勝利に導いた。

【関連記事:ハイライト動画 バルサ開幕戦】

スーペルコッパ・イタリアーナ決勝のラツィオ戦では敗れたものの、リーグで6度の優勝を経験しているユベントスは、今季のリーグ開幕戦でカリアリを下した。

“HD”ことイグアインとディバラのコンビは前シーズンにそれぞれ32ゴールと19ゴールを決めているが、今季も絶好調であることを見せつけた。

カリアリ戦の前半では、ディフェンス面でリスクを冒したユベントスだが、アグレッシブな攻撃が功を奏し、マンジュキッチとディバラがそれぞれ得点を決めてハーフタイム時点で2-0とカリアリを上回っていた。

1-0時点でカリアリはVARシステム(審判補助システム)によりPKのチャンスを得たが、ユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンがディエゴ・ファリアスの弱々しいシュートを難なく止めた。

ハーフタイム寸前に、ディバラがMFミラレム・ピアニッチのアシストから左足のシュートで2得点目を奪った。

前半戦で意気消失したカリアリだったが、後半ではイグアインがアレックス・サンドロのセンタリングを受けて左足で3発目を決め勝利を決定した。