モナコのキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】

写真拡大

 フランス1部モナコに所属するFWキリアン・ムバッペのパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が間近に迫ってきているようだ。スペイン紙『Mundo Deportivo』が報じている。

 同紙によると、PSGはモナコ並びにムバッペ本人と移籍について既に合意に達していると伝えている。また、現地時間21日にはパリで移籍の正式発表がなされる模様だ。なお18歳のストライカーはボーナスを含めた移籍金2億ユーロ(約260億円)、5年契約の年俸1800万ユーロ(約23億円)でサインをするようだ。

 これまでムベッパの移籍先候補としてレアル・マドリーやバルセロナ、アーセナルといった海外チームの名前が挙がっていた。しかし若きフランス代表FWは今月3日にブラジル代表FWネイマールを補強するなど国内屈指のタレント軍団であるPSGに新天地を求めるようだ。

text by 編集部