開幕戦は0-3で勝利を飾った

写真拡大

遂に開幕したリーガ・エスパニョーラ2017-2018。今季すでにUEFAスーパーカップとスーペルコパ・デ・エスパーニャの2冠を達成しているレアル・マドリードはデポルティーボとのアウェイでの開幕戦を20日22:15(日本時間21日5:15)に迎えた。

【関連記事:レアル開幕戦 前半2点リード】

レアル・マドリードの先発メンバーが発表され、BBCのトリデンテの1人であるクリスティアーノ・ロナウドはスーペルコパでの愚かな行いで出場停止のことから、フォーメーションは4-4-2。
前線をベンゼマとベイルの2トップで担い、中盤のダイヤモンドで10番を継承したモドリッチ、クロース、そして好調のイスコが共演した。

≪前半≫
  0-2 (前半20分:ガレス・ベイル、前半26分:カゼミーロ)

≪後半≫
  0-1(後半16分:クロース)
 合計 0-3

前半開始からマドリーが主導権を握り猛攻を仕掛けるも、最初に決定的なチャンスを迎えたのはデポルティーボ。
前半5分、デポルティーボの10番アンドネはマドリーDFに激しいプレスからボールを奪いシュートもナバスの好セーブに阻まれる。

前半7分、またもマドリーDFの裏へ抜け出したデポルティーボのFWアンドネはキーパーと1対1になるが再びナバスに阻まれてしまった。

左右にボールを動かしてピッチを広く使い突破口を探るも、なかなかチャンスを作る事が出来ないでいたマドリーにチャンスが訪れた。
前半20分、マドリーが先制。モドリッチのミドルシュートにベンゼマが詰めに入り、こぼれたボールを今度はベイルが詰めゴールを奪った。(0-1)

前半26分、マルセロが左サイドでボディフェイントから相手の股を抜く技ありクロスを送り、中にいたカゼミーロが押し込んで追加点。(0-2)

前半40分、デポルティーボが右サイドからアーリークロスをあげ、FWアンドネが頭で合わせるもナバスの正面。ゴールならずもアンドネのスピードはマドリーのDF陣を悩ませている。

後半8分、セルヒオ・ラモスとシェーアが揉み合いとなり、2人にイエローカード。ラモスがシェーアの顔面に平手打ちを食らわせる。

後半16分、左サイドを抜け出したベイルが上がってきたクロースにマイナスのクロス。クロースはそれを落ち着いてゴールへ突き刺しマドリーは3点目を奪う。

後半20分、イスコに代わって好調のアセンシオを投入。

後半26分、1ゴール挙げているカゼミーロに代わってマルコス・ジョレンテを投入。

後半34分、ジダンの最後のカードは、ベイルに代わってルカス・バスケスを投入。

後半39分、久しぶりにデポルティーボがカウンターを仕掛ける。最後はFWアンドネがシュートするもボールはナバスの正面へ。デポルティーボはアンドネにボールを集め反撃を試みるも、なかなか得点には繋がらず。

後半42分、カルバハルがペナルティーエリア内でファールし、デポルティーボにPKを与えてしまう。デポルティーボのキッカーはアンドネが務めるが、まさかのキックミスでゴールならず。

後半46分、相手と競り合ったセルヒオ・ラモスが本日2度目のイエローカードで退場。

レアル・マドリードは0-3で開幕勝利を飾ったが、最後ラモスが退場するなど波乱のリーグ戦スタートとなった。

レアル・マドリードの先発メンバーは以下の通り。
■GK
ケイラー・ナバス

■DF
カルバハル
ナチョ
セルヒオ・ラモス
マルセロ

■MF
カゼミーロ
モドリッチ
クロース
イスコ

■FW
ベンゼマ
ベイル