彼女がいるのに「いない」と言う男子は何を考えている?

写真拡大 (全7枚)

彼女がいるにもかかわらず、「彼女? いないよ(おれと付き合ってよ!)」と言う男子は、一体なぜそんなウソをつくのでしょうか?

1. 女子のタイプを探っているのかも!?



気になる男子から「彼女がいる」と聞いたら、「彼女がいてもいいから、とにかく付き合えるようにもっていきたい」と思う女子もいますね。あるいは、そもそも「彼女あり=いい男」だから、そういう男子のことしか眼中にない女子もいます。反対に「彼女がいる」と聞くと、「この人とは付き合えない」と思う女子もいますね。

男はわりとズルいところがあるので、「どっちの女子なのか」がわかれば、相手の希望に沿うように返事をすることがあります。どっちの女子なのかわからないから、彼女がいても「いない」と言い、結果的に墓穴を掘ってしまうのです。

2. もうすぐ彼女と別れるから


もうすぐ彼女と別れると決めている男子が、「彼女? いないよ」と言うケースもあります。今の彼女と別れる彼にしてみれば、「今のうちに次の彼女を探しておきたい」と思うことだってあります。そしてそれは、女子からすればズルいことに思えるかもしれませんが、男にしてみれば必死の思いで自己防衛している、とも言えるわけです。

「彼女がいるにもかかわらず、他の女子を口説いている」という現象の背景にあるものを、ちゃんと理解してあげるというのも、異性関係だけでなく人付き合いにおいて大切なことかもしれません。

3. 「いない」と言わないと、付き合ってくれないから



「彼女がいない」と言わないと、付き合ってくれないと知っている男子が多いので、彼女がいても「いない」と言い張ります。付き合ってくれないというか、遊んでくれないというか……。

こういう傾向は、男女ともに30歳も過ぎれば薄れていきます。30歳も過ぎれば、彼女がいない男はなんらか問題があるのではないか? と思われることがありますが、反対に女子もなんらか問題があるのではないか? という見方をされることが多くなります。だからウソでもいることにしちゃう人が増えるのです。20代のうちは「いない」というウソをつき、30歳からは「いる」とウソをつく人が増えるのです。

ではどうすればいい?
恋愛上手な女子は、そもそも好きになった男子に「彼女いる?」と聞かないのだそうです。彼女がいようといまいと、私が好きになったのだから私のやり方でやっていく……こう思うそうです。これはいわゆる「略奪愛」とは違います。彼女がいるならいるなりに戦略を立てる、それだけのことです。



いかがでしょうか。
彼女がいる男子とは付き合えないとか、こういう風に決めている女子が増えれば増えるほど、彼女がいても「いない」とウソをつく男子が増えます。

彼に彼女がいてもいいじゃないですか。あなたがそういう彼のことが好きなのであれば、彼とたとえば、いいご飯友達になるといいでしょう。もしあなたが、100%きちんと交際できる男子とじゃないと話もしたくないと思っているのであれば、そういう考え方は改めたほうがいいでしょう。
人はいろんな事情を抱えて生きています。それに、そういう彼と仲良くしておくと、彼が誰か別の彼氏候補を紹介してくれるかもしれませんよ!



「彼女がいるのにいないとウソをつく男=浮気性」という方程式“だけ”を信じると、あなたが損しちゃうかも!? 相手が男であれ女であれ、人が抱える「いろんな事情」を想像でき、そこに思いを寄せることのできるいい女を目指してみてはいかがでしょうか。
(ひとみしょう/studio woofoo)