キレない子どもを育てるには?大きな影響を与える3歳までの生活習慣のポイント

写真拡大

自分の思い通りにならないと感情を爆発させるなど、感情をコントロールできない状態、いわゆる「キレる」という言葉を耳にするようになってずい分経ちますが、これは日本だけの問題ではありません。

芦田愛菜ちゃんのような秀才に! 学力に大きく影響「幼児期からの読書習慣」のために親ができること

アメリカでも、その原因や対策を探る研究がなされています。

今回は『グローバル社会に生きる子どものための-6歳までに身に付けさせたいしつけと習慣』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴が、アメリカの研究を参考に、感情的な自己統制力をつけるには、3歳の時の生活習慣が大切というお話をしたいと思います。

キレるとは

自分の思い通りにならないと癇癪を起す注意されると暴言をはくやっていることがうまくいかないと八つ当たりする腹を立てると暴力をふるう

など、子どもだけではなく、若者や老人にもキレやすい人が増えていると言われます。キレやすいということは、自分で自分の感情のコントロールがうまくできないということです。

その原因は、大人からの虐待、貧困、過度のストレスなどをはじめ、子どもの自己肯定感の低さや、親がキレやすいと子どももキレやすくなる、とも言われています。

今回、新たに、アメリカのオハイオ州立大学から、3歳の時の生活習慣が影響するという研究が発表されました。

オハイオ州立大学の研究

オハイオ州立大学の研究者は、3歳時の家庭内での日課のうち、就寝時間、食事時間、TVなどの映像の視聴の制限(1日1時間)の3項目について調査しました。

そして、子どもがどれくらい簡単にイラつくか、過度に興奮するかという、子どもの自己統制力について、親からの回答を分析しました。

その結果、3歳時の規則正しい就寝時間、食事時間、スクリーンタイムの制限が、子どもの感情や行動の自己統制力に影響し、子どもの肥満リスクも軽減できるとしています。

0歳から3歳までの成長はとってもダイナミックです。

2歳までは、主に身体的に大きく成長します。生まれて2年ほどで、歩けたり走ったりできるようになるのです。そうして、身体的に不自由なく動けるようになった2歳から3歳にかけて、今度は精神的な成長が始まります。

例えば自分の意思通りに身体を動かすとか、感情をコントロールするというような、より高度な成長へと向かう時期なのです。

日本では昔から、「三つ子の魂百まで」と言われていますが、現在の科学的研究でもその重要性が裏付けられたのです。

規則正しい生活がキレない子どもを育てる!?

幼児期は、心も体もダイナミックに成長する時期です。

規則正しい就寝時間は、子どもに必要な十分な睡眠を与え、規則正しい食事時間は、身体に必要な栄養素を毎日きちんと摂取できる機会を与えます。

睡眠や栄養がしっかり取れていれば健康になり、精神的にも安定して、イライラしたり過度に興奮することも少なくなります。

寝不足の子どもは機嫌が悪くなったり、空腹だとぐずったりしますよね。

極端に言えば、不規則な生活は、そういう状態が毎日続くと考えるとわかりやすいです。

大人でも寝不足や空腹だとイライラするものです。まだ自己統制力のついていない子どもは、簡単にいわゆるキレるという状態になってしまい、それがその子の感情表現の方法になってしまうのです。

また、映像の視聴時間の制限は、長時間座りっぱなしという状態を防ぐことになります。子どもの成長には運動も大切な要素です。身体を動かすことで肥満も防げます。

精神的にも肉体的にも著しい成長を遂げる3歳前後には、ぜひ規則正しい生活を心掛けてくださいね。

<参考>EurekAlert!