ストールが1枚あれば、冷房がきいた所でも安心

写真拡大

まだまだ続く暑さ。夏バテしてませんか? 暑いからといって露出度の高い服ばかり着ていると、実はかえって夏バテしやすいのだそう。大切なのは、体の〇〇を一定に保つこと! さて〇〇とは…!? レタス隊の江口瞳さんがしている工夫と一緒にご紹介します。

【写真を見る】薄手の夏用腹巻きを着用しても

■ 【おなかを絶対に冷やさない】

夏バテ対策のカギは、体の深部の体温を一定に保つこと。冷房の効かせすぎや、冷たいもののとり過ぎで、おなかが内側から冷えないように気をつけましょう。おなかを出す服装なんてもってのほか。 Tシャツなどの下にもインナーを着用し、おなかまわりをガードして。

■ <お助けアイテム>

冷房の効いたオフィスなど、空調管理が難しい場所に長時間いるときは、薄手の夏用腹巻きを着用すると安心。ストールも役立ちます。

●江口さんのお気に入り

「オーガニックコットンの肌触りが◎! 長めなので伸ばして着ても、折り返してもOK」。チューブ薄手腹巻 2,000円/プリスティン

肌見せファッション&冷たい飲み物、で暑さを乗り切ろうとしていた人は、すぐ改めて! その夏バテの原因は、おなかが冷えているからかもしれませんよ。