どんなに頑張っていても、いつも空回り。男子からは「友達としてはいいんだけど……」となかなか恋愛に発展しないという人もいるのでは? このままずっと異性から恋愛対象としてみてもらえないのは、正直つらい! 今回は、好きな人に女性としてみてもらえない原因を見ていきましょう。

パンツスタイルが多い女子



デートとはいえ、自分らしさを発揮したい! そう思いながら手にするのはいつもパンツばかりで、すっかりスカートから遠のいていませんか? 
残念ながらデートは女の子らしさをアピールする場所であって、少しだけドキッとさせる努力も必要です。そのためには、お上品と思える範囲のスカート(丈)を身につけて、“サバサバ”と“かわいらしさ”の両方をアピールしてみましょう♡ たまには、ワンピースで勝負してみるのもいいかも!

メイクが薄すぎる女子


ファンデーションとチークだけでは、お化粧したとは言えないかも!? 
ナチュラルメイクすぎても、顔全体が地味にみえてしまいます。せめてマスカラやアイシャドウくらいは使うようにすると、それだけで大人レディに変身できるでしょう♡ 今はプロにメイクレッスンをしてもらえる場所がたくさんあります。一度、本格的なやり方を覚えてみては?

自分の話しかしない女子



恋愛対象としてみてもらうためには、見た目だけ整えても意味がありません。最終的にステキな彼を引き寄せられるのは、内側から輝けるかどうかです。ファッションやメイクが完璧でも、自分の話しかせず、相手の話を引き出せないような人は、なかなか恋愛対象としては認めてもらえないかも!?

少しでも“聞き上手”な女性へと変わっていけるように、普段から意識するだけでも、いざというときに力を発揮できます。話を引き出してあげられたら彼も「この人と一緒にいると安心する」と感じ、初めて彼女ポジションに辿り着くことができます。

終始ネガティブ思考の女子


内側からの輝きをみせつけていくためには、ポジティブな姿勢も大切です。パッとみたときに暗いオーラだと、どうしても男性陣は「友達としてはいいけど、恋人なんて無理」と思ってしまうはず……。

男性と話しているときに「自分なんか」「でも」「いつかは」……と否定的な言葉ばかり使っているなら、口癖だけでも直せるように意識しましょう。話し方を変えるだけでも、第一印象は少しずつ変わりますよ!



なかなか好きな人に恋愛対象としてみてもらえないなら、それだけ自分自身で理解できていない敗因があるのかも。そのまま連敗しないように、反省会をしながら少しずつキラキラっとした印象に変えちゃいましょう♡
(山口 恵理香)