ネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

 パリ・サンジェルマンは現地時間20日、リーグアン第3節でトゥールーズと対戦し、6-2と大勝した。この一戦では前節デビューを飾ったばかりのFWネイマールが圧倒的な存在感を見せている。

 トゥールーズに先制を許して迎えた31分、ネイマールは左サイドでパスを受けると、中に運んでヒールパス。これを受けたラビオのシュートをGKが弾くと、ゴール前に詰めていたネイマールが押し込んで1-1とする。その4分後には、ワンツーでラビオのゴールをアシストし、逆転に成功して折り返した。

 ネイマール・ショーの本番は後半になってから。75分にペナルティエリア内でドリブルを仕掛けてPKを獲得。カバーニがこれを決めて3-1とすると、オウンゴールで1点を返されたあと、パストーレの鮮やかなミドルシュートで再度2点差として勝負あり。

 これで気持ちが切れたトゥールーズをネイマールは見逃さない。84分、パリ・サンジェルマンはCKを獲得するが、2点のリードを得たためゴール前に入ってくる選手は少ない。両チームの足が止まると、キッカーのネイマールは素早くリスタート。中央に強烈なストレートのボールを送ると、クルザワがジャンピングボレーでとらえて5-2となる。

 ヒールリフトで相手をかわす余裕も出てきたネイマールは、アディショナルタイムにショーの仕上げ。ペナルティエリア内でDFに囲まれるも、粘り強く突破。のべ4人をかわして反転シュートをねじ込み、この試合を締めくくった。

 ネイマールは加入してから2試合で3ゴール3アシストの大活躍。史上最高額の移籍金にふさわしいパフォーマンスを見せている。

text by 編集部