選手名なし…バルセロナ、テロ犠牲者を悼む「特別ユニ」を画像で見る

写真拡大 (全3枚)

今週開幕を迎えたスペイン1部リーグ。覇権奪還を目指すバルセロナは、カンプ・ノウでベティスを迎え撃った。

バルサはこの開幕戦で特別なユニフォームを着用。先日、バルセロナとカンブリスで起きたテロ事件の犠牲者への哀悼の意を表するためだ。

背番号の上に表記されたのは、選手名ではなく「BARCELONA」の文字。

そして、胸のNIKEロゴとクラブエンブレムの間には、「#TotsSomBarcelona(We are all Barcelonaという意味)」というハッシュタグも。

#TotsSomBarcelona Everything is ready Tot preparat Todo preparado
FC Barcelonaさん(@fcbarcelona)がシェアした投稿 -

試合前には祈りが捧げられ、両チームの選手たちが一緒に写真撮影を行うなど、結束を示していた。

なお、試合はオウンゴールとセルジ・ロベルトのゴールにより、バルサが2-0で勝利している。