男っぽい無骨なオイル式か、いわゆる使い捨てかの2択になりがちなライター。そのなかにあって、この「ペリカン」はかわいいルックスが新鮮です。しかも、いかにも女性っぽいかわいいじゃなくて、男性でも持てるかわいい。

もとはオーストリアの〈IMCO(イムコ)〉が1968年に発売した「バード」というモデルで、日本の〈拓製作所〉がブランドを引き継ぎ2013年に復活させたものになります。お値段も2,000円〜3,000円ぐらい。

オリジナルはオイルライターで、こちらはフリント式ガスライターなど変更点はありますが、特徴的なデザインはオリジナルのままです。微妙な色味とか、アメリカや日本のそれと違う、ヨーロッパっぽいニュアンスを感じます。

見ての通り、置いているだけで絵になるヤツですが、使ってみるとこの形状も握りやすくていい。手のなかにピタッとおさまります。

とはいえ、あくまで日用品なので、どこでどう使うという話じゃありません。

ただただカワイイよね? どうせ持つならコイツはどうでしょう? といったアイテムですね。

写真のオレンジ以外のカラーも発売しているので、興味のある人は「IMCO ペリカン」で検索してみてください。

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

リアルに使えるもの、使っているもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。