インテルが開幕戦で快勝【写真:Getty Images】

写真拡大

【インテル 3-0 フィオレンティーナ セリエA第1節】

 現地時間20日に行われたセリエA開幕戦でインテルはフィオレンティーナをホームに迎え、3-0の勝利を収めた。DF長友佑都はフル出場している。

 新戦力のダウベールが先発するという予想もあったインテルだが、スパレッティ監督は左サイドバックに長友を指名。すると、開始直後に結果を残す。

 5分、長友が前線にフィードを送ると、イカルディが胸でコントロールしてペナルティエリア内へ入り転倒。PKを獲得した。これをイカルディが決めて、インテルが先制する。

 その直後にも長友が惜しいクロスを入れたインテルは、15分に追加点。右サイドからペリシッチが上げたクロスボールにイカルディが競り勝ってヘディングで決めた。

 2点リードとなったあとで試合はこう着。昨シーズンはインテルを率いていたピオリ監督のフィオレンティーナが少しずつ盛り返す。79分には決定的なチャンスを迎えたが、これを決めきれない。

 すると、その直後にインテルが勝負を決めた。右サイドからジョアン・マリオが上げたクロスにフリーのペリシッチが合わせて3-0。フィオレンティーナの意欲をそいだ。

 後半はペースダウンしたものの、インテルは3-0で白星発進。見事なスタートを切った。

【得点者】
6分 1-0 イカルディ(インテル)
15分 2-0 イカルディ(インテル)
79分 3-0 ペリシッチ(インテル)

text by 編集部