GLIM SPANKYが主題歌、KenKenが挿入曲担当 『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』予告編

写真拡大

 10月21日に公開される映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』主題歌をGLIM SPANKY、挿入曲をKenKenが担当することが決定し、両アーティストの楽曲が使用された予告編が公開された。

動画はこちら

 本作は、『鷹の爪』劇場版9作目にして、アメコミの代表格であるDCエンターテイメントとのタッグ作。バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、アクアマン、サイボーグたちが鷹の爪の世界に参戦する。

 8月25日より一部の上映劇場にて上映が開始される予告編では、鷹の爪団とDCキャラクターのジャスティス・リーグとの関わりや、ジョーカーたちとのバトルシーンの一部が描かれている。終盤には、GLIM SPANKYによる主題歌「ビートニクス」に乗せて、まるで実写のようなバットモービルが登場。映像のラストには、バットマンがバットモービルをトランスフォームさせて飛び上がり、月光をバックに“バットマンマーク”風のシルエットが浮かび上がらせる様子が捉えられている。

 主題歌に決定したGLIM SPANKY、挿入曲を担当するKenKenのコメントと、FROGMAN監督からの両アーティスト起用に関するコメントも公開された。

【GLIM SPANKY コメント】今回鷹の爪が劇場版としてDCとコラボするこの大きなプロジェクトに楽曲で関われて非常に光栄です。鷹の爪のくだらない楽しさが大好きでよく吉田くんのモノマネもしたりしています。映画の主題歌ということで本編を見終わった後に流れることを想定して監督と会議しながらいちから楽曲を作りあげた自信作です。映画館でぜひお楽しみください。

【KenKen(ベースヒーロー)コメント】『菅井君と家族石』の時代から、そして『古墳ギャルのコフィー』をはじめ、ずっとFROGMAN氏の作品のファンでしたので、今回お話が来た時にはそりゃもう中の人が出ちゃいそうになるくらい嬉しかったです。しかも! これまた大好きなバットマン、スーパーマンのDC作品! 気合い入れて作りました!次は鷹の爪団のテーマ曲を書きたい!笑鷹の爪団ありがとう!

【監督:FROGMANより、両アーティストの起用理由】・GLIM SPANKYGLIMにはテレビ版の主題歌に楽曲を提供はしてもらっていましたが、昨年、彼らが担当した劇場版ワンピースの主題歌がとてもカッコよく、ちょっと嫉妬してしまったんですよね。だから今回のプロジェクトを進めるに当たって、絶対にGLIMに決めてました。ゴリゴリのロックサウンドかと思いきや、実は凄く純粋で傷つきやすい繊細さを併せ持つ彼らは、悪を憎む苛烈さと、人を愛する優しさを持つDCヒーローズの心象を表現できる、数少ないバンドだと思っています。

・KenKen昨年のスーサイド・スクワッドのジャパンプレミアに参加した際、偶然控え室がKenKenと一緒になり、声を掛けたのがきっかけです。KenKenがバットマン好きで、しかも鷹の爪も好きだったという話を伺い、これでKenKenに今回のプロジェクトに関わらない理由は無いと思いオファーしました。もちろん、KenKenのアーティストとしての才能に、驚嘆していたわけでもありますが。

(リアルサウンド編集部)