優勝が決まった瞬間、抱き合って喜ぶ小平二

写真拡大 (全6枚)

「第44回全国中学生テニス選手権大会」(8月19、20日団体戦、21〜24日個人戦/沖縄県総合運動公園テニスコート)、通称「全中」の2日日は、男女団体の準々決勝、準決勝、決勝が行われた。

試合方法◎団体戦は、単3本+複2本の合計5ポイント(試合順D2→D1→S3→S2→S1)で争われ、1回戦〜準決勝は1セットマッチ(6ゲームズオール後タイブレーク・システム)、決勝戦のみ8ゲームプロセットマッチで行われる。1回戦は全ポイント行い、2回戦以降は勝敗決定後、打切り。

 準々決勝は屋外コートですべて一斉にスタート。まず、城南が浪速との大阪対決で、ダブルス2連勝に加えて、S2で入江夏生(城南)が前田彩衣(浪速)との1年生対決を制し、ベスト4進出を決めた。

(写真)桐光学園の宮本璃々子(左)と石井花音

 桐光学園(神奈川)は「ダブルスをひとつでも落としたら厳しい」(石井花音)と予想される中、D1、D2できっちり連勝し、S2で惣福結香(桐光)が笠置桃愛(南大分)を6-1で倒して準決勝に進んだ。

 小平二(東京)はD2で近藤佳怜/井口柚が長沼利沙/佐藤晴(大阪女学院)に5-7で敗れるが、D1、S1、S3をいずれも6-0で制して準決勝に駒を進めた。

(写真)橘学苑の勝利を決定づけた原明日美(中央)とチームメートたち

 最後までもつれたのは橘学苑(神奈川)対明星(東京)。橘学苑はD1、D2で2勝するが、S2、S3で敗れて2勝2敗。勝負を決めるS1で原明日美(橘学苑)が4-1でリードを奪うが、野口みな美(明星)の追い上げで1ゲーム差まで迫られる。それでも6-4で振りきってベスト4最後の切符を手にした。

 準決勝は突然のスコールと雷により、約1時間の中断を挟むが、城南学園が橘学苑、小平二が桐光学園をともに3勝0敗で下し、昨年と同じ決勝カードが実現した。

(写真)D1で勝利を収めた内島/金子ペア(小平二)が山口/武本ペア(城南)と試合後に握手

 決勝は悪天候のためすべてレクドームの室内コートに移動して開催。D1、D2、S1が同時にスタートした。D1で小平二の内島舞子/金子さら紗ペア(左)が全日本ジュニア準優勝の山口花音/武本萌衣ペア(城南)を果敢に攻めて8-2で倒し、チームを勢いに乗せる。この敗戦が城南にとって大きな痛手だった。

 D2で今井彩稀/末廣茜(城南)が8-3で西村瑠生/井口紬(小平二)を退け、1勝1敗とするが、毛呂彩音(小平二)が児山心美(城南)との激しい打ち合いを制して小平二が優勝に王手をかける。

(写真)小平二から唯一の勝利を挙げた城南学園の今井/末廣ペア

  S2では田邑来未(城南)の低く、鋭い球に河野瑞生(小平二)が苦しみ2-0からラブゲームなどで2-2に追いつかれる。だが、そこから緩急や高低差をつけたショットを織り交ぜて4ゲーム連取で一気に差を広げた。7-5からのマッチポイントでは、意表を突くアンダーサーブで優勝を決めた。

 優勝した直後にもかかわらず、小平二の2年生は口々に「来年も連覇したい」と語り、先輩から受け継がれてきた強さの秘密を垣間見せた。昨年の決勝で城南に敗れ、1年間抱き続けてきた「打倒!城南」の思いをついに結実させた。

テニスマガジン/編集部◎池田晋)