南野拓実【写真:Getty Images】

写真拡大

 ザルツブルクは現地時間20日、オーストリア1部リーグ第5節でザンクト・ペルテンをホームに迎え、5-1で勝利した。FW南野拓実は先制点をアシストしたのち、負傷で交代を余儀なくされている。

 南野は31分、自陣からのパスを引き出すと、DFの位置を確認してワンタッチで反転。鮮やかに入れ替わって前を向くと、即座にスルーパスを通した。パスを受けたダブールがGKをかわして冷静に先制点を決めている。

 しかし、そのあと南野にトラブルが発生。右膝を痛めたようで、40分に交代を強いられた。

 ザルツブルクが1点リードで折り返したあと、後半立ち上がりの15分間で3ゴールを加えて勝負あり。その後1点を返されたが、最後にダメ押しの1点を決めて、5-1でザルツブルクが快勝している。

text by 編集部