だからおいしい! 大人気駅弁「いかめし」ができるまでに密着!

写真拡大 (全5枚)

旅気分をいっそう盛り上げてくれる「駅弁」
全国にはじつに様々な種類の駅弁がありますが、
なかでも有名なものといえば、北海道は森駅名物「いかめし」です!!
柔らかないかと、中に詰まったもっちりご飯。その奥深くまで染みこんだたれは、
日本人ならなじみのある甘辛い味で、食べるとどこかほっとします。

1941年に誕生して以来、今なお愛され続けるこの味。
一体どうしてこんなにもおいしいのか、
その秘密をこっそり(?)お教えしちゃいましょう!

《おいしさの秘密1》
これは、いか一つひとつに、手作業で生の米を詰めているところ。
詰める米の量は、いかを手で持ったときに大きさを判断して、
それぞれのいかにベストな量を入れているそう。
だから、どの「いかめし」にもごはんがみっちり

《おいしさの秘密2》
続いては、たれの中でいかをグツグツ煮ているところ。
このたれは醤油ベースで、砂糖の代わりにざらめを加えているのだそう。
だから、こんなふうに食欲をそそる「てり」が生まれるんです!

《おいしさの秘密3》
そしてこちらは、煮込み終わったいかを箱詰めしているところ。
このときはまだホッカホカですが、完成してから駅に運ばれ、
お客さんが手にするまでに、少しずつさめていきますよね。
じつは、このさめていく時間が重要!
その間にご飯がどんどん蒸れていくからこそ、おいしさがさらにアップするんです!

さてこの「いかめし」、全国の百貨店の催事などでも購入できるので、
「食べたことある〜!」という人はきっと多いはず。
ではみなさん、この駅弁の故郷、森駅に行ったことはありますか?
じつは森駅って……
こ〜んな絶景を望める駅なんです!

景色を楽しみながら、駅や列車内で食べる「いかめし」は、また格別の味
ぜひ、現地を訪れてみることをおすすめします!
 

この「いかめし」だけでなく、全国にはまだまだ魅力的な駅弁がいっぱい
さぁ、無性に駅弁が食べたくなってきたみなさん!
ぜひ、自分好みの駅弁探しの旅に出掛けてみませんか?

撮影/寺澤太郎 文/編集部・山田
『オレンジページ』2017年9月2日号より)