インゴルシュタットに移籍した関根貴大【写真:Getty Images for DAZN】

写真拡大

 ドイツ・ブンデスリーガ2部の第3節が現地時間の20日に行われ、インゴルシュタットとヤーン・レーゲンスブルクが対戦。インゴルシュタットのMF関根貴大がドイツでの公式戦デビューを飾った。

 浦和レッズに所属していた22歳の関根は、今月6日にインゴルシュタットへの完全移籍合意が発表された。10日にドイツへと向かい、メディカルチェックを経て11日には加入が正式発表。13日に行われたDFBポカール(ドイツ杯)の試合にはベンチ入りしなかったが、20日の試合で初めてベンチに入った。

 前半に先制点を奪われたあと、インゴルシュタットは後半立ち上がりに2点を奪って逆転。関根は2-1のリードで迎えた61分に投入されたが、その後インゴルシュタットは3失点を喫し、2-4で敗れる結果に終わった。

 昨季のブンデスリーガ1部で17位に終わって2部に降格し、再昇格を目指したいインゴルシュタットだが、これでリーグ開幕から3連敗。最下位に沈む厳しいスタートを強いられている。次節は同じく開幕3連敗のグロイター・フュルトとアウェイで対戦する。

text by 編集部