18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、多くの中国人独身者が独身から脱せられない理由について分析する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国の若者。

写真拡大

2017年8月18日、中国のポータルサイト・今日頭条に、多くの中国人独身者が独身から脱せられない理由について分析する記事が掲載された。

記事によると、中国には現在独身者が2億人おり、これはロシアと英国の人口を足した数に相当するという。ではなぜこんなにも独身者が多いのだろうか?

記事は中国ネットユーザーの意見を紹介し、「責任を負いたくないから」との意見が多数を占めていると伝えた。しかし記事は、それ以外にも理由があるとして、中国では特に独身女性が増えている理由を分析した。

それによると、中国の伝統的な家庭では、男性はソファーに座ってサッカーを見たりゲームをしたりしているが、女性は子供の世話をして家事を行うという。しかし現代女性は男性と同様の教育を受け仕事をしているため、家事などを女性だけが行うのは不公平だと感じているという。

また、男女の意識の違いも関係しているという。多くの独身女性の心を動かすのは、豪華なディナーではなく男性の女性に対する理解と優しさだと記事は指摘。生活のリズムが速い現代において、夫婦は帰宅してから互いに支え慰め合うのが真の姿であり、このような支えが得られないのであれば、経済的に自立している現代女性は独身を選ぶもので、現在のこの状況を打破するためには、男性の側の意識の変化が求められるとした。

これに対し、中国のネットユーザーから「主な理由は金持ちが少なく貧乏人が多いからだ。今の中国人は理想だけは高いが自分は何もできない人ばかりだ」「主な理由は親や周りの結婚生活から結婚がどんなものかを見極めてしまっているからだと思う」などの理由が挙げられた。

また、「今の若者は自己中心的だ。男は責任を担いたがらず、女は犠牲を払いたくない。だから恋愛はするが結婚はしないのだ」「男性はやむを得ず独身となり、女性は自ら独身となっている」という意見もあった。いずれにしても日本同様、中国でも結婚しない人が増えているようである。(翻訳・編集/山中)