カリニッチの練習拒否、フィオレンティーナ監督がボヤく

写真拡大

『Fantagazzetta』など各メディアは、「フィオレンティーナのステファノ・ピオーリ監督は、FWニコラ・カリニッチの態度に苦言を呈した」と報じた。

現在ミランへの移籍が噂されているカリニッチ。先日からフィオレンティーナの練習を欠席しており、退団を要求しているという。

彼が着けていた背番号9は既にジョバンニ・シメオネに渡されており、カリニッチには99が設定された。ミランとの取引が行われる可能性は高いと言われている。

日曜日にインテルとの開幕戦を迎えるステファノ・ピオーリ監督は以下のように話し、カリニッチの態度を批判した。

ステファノ・ピオーリ

「ヘルマン・ペッセッラは少しフィットネスの問題がある。彼は今日最初の練習をしただけだからね。しかし、皆調子は違うものだから。

ジョバンニ・シメオネは燃えているね。今週入った新しい選手皆がそうだ。彼らがいい仕事をしてくれると自信を持っているし、そこから収穫を得られるだろう。

今季何を成し遂げられるかはわからない。しかし、野心的にならなければならない。

才能ある若い選手たちと契約した。そして、すべての試合で勝利を目指す立場になったことに、精神的な面で適応しなければならない」

(ピオーリ監督にとっては古巣対戦。フィオレンティーナとしてはいきなりマティアス・ベシノ、ボルハ・バレーロとの対戦だね?)

「新しい冒険の始まりだから興奮するだろうね。過去は過去だ。関心は全て今季の戦いにある。他の人が感じるようなことは知らないし、率直に言って興味がない。

プレシーズンでの勝利で、インテルはルチアーノ・スパレッティ監督の能力を確信しただろう。非常に多くの強力な選手がいる。

しかし、キックオフ時には0-0であり、お互いに11人の選手がいるだけだ。今勝者がどちらになるかを話すのは不公平だ」

(ミラン移籍を求めるカリニッチが練習を拒否しているが)

「当初から私は、できるだけ早く状況を解決する必要があると述べてきた。クラブと選手の両者にとって重要だ。

もちろん、彼の態度はもちろんプロフェッショナルとはいえないものだ。しかし、現状では何かが間違った方向に進んでいる」