1980年代に日本でもブームとなったルービックキューブは、現在でも世界中に根強いファンがいるパズルゲームだ。

そんなルービックキューブを凄い集中力で解いていく“サイヤ人”らしき人物が、ニューヨークの地下鉄で目撃されて話題になっている。

1万6000いいねを受けた動画

米ニューヨークで写真家として活動をしているSheldon Serkinさんが7月25日に、「なんなんだ?」とのコメントと共に投稿した動画がこちらだ。

指先を器用に動かして、すごいスピードでルービックキューブを説いているのにも驚くが、よく見ると、ほとんど視線を向けていない。

この動画は投稿から3週間ほどで、7600件以上のリツイートと1万6300件近いいいねを受けている。

コスチュームにも注目

あまりの凄技に「逆再生なんじゃないか」との疑惑も出ているこの動画。注目されたのは、その指裁きだけではなかった。

彼のサイヤ人風の服装には、「彼はスーパーサイヤ人だ」「彼の戦闘能力はいくつなんだ」「これがスーパーサイヤ人の日常か」などのコメントが投稿された。

また、周りの人が無関心なことへの驚きの声には、「ニューヨークでは簡単に人は驚かない」との返信もあった。

正体も判明

ルービックキューブを巧みに操るスーパーサイヤ人の正体も判明している。

彼の名前はLionel Clarkeさん。動画が有名になった後、自身のTwitterアカウントの自己紹介欄を「どうも、ルービックキューブを電車で解いていた男です」に変更した。

彼曰く、「精神修行無くしてはスーパーサイヤ人にはなれない」と投稿している。

また、インスタグラム上ではこんな動画を投稿している。

▼後ろ手でルービックキューブ

どうやら集まった注目を楽しんでいるようだ。