ニコライ・ミュラーが右膝前十字靭帯断裂により約7か月離脱

写真拡大

 日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVは20日、FWニコライ・ミュラーが右膝前十字靭帯断裂により約7か月離脱すると発表した。

 19日、ハンブルガーSVはブンデスリーガ開幕戦でアウクスブルクと対戦。前半8分、右サイドからのクロスをファーサイドに走り込んだミュラーが右足ダイレクトで押し込み、先制点を挙げる。しかし、直後のゴールパフォーマンスでコーナーフラッグをつかんだ際に転倒。ミュラーは右足を引きずりながらピッチを後にした。

 一夜明けた20日、クラブはミュラーの診断結果を発表。イェンス・トッドSDは「この診断結果は我々にとって大きなショックだ。シーズン開始のこの時期に痛手だし、もちろんニコライにとっても大変苦いものだ。彼が順調に回復することを願っているし、そのために出来る限りのサポートをするつもりだ」とコメントしている。


●ブンデスリーガ2017-18特集

●海外組ガイド