【戦術分析】磐田とC大阪の狙いが見えた白熱のドロー 両者の共通項は“戻るべき幹”

写真拡大

1-1で終わった好調チーム同士の一戦を戦術的視点で分析

 19日に開催されたJ1第23節では、直近8試合で6連勝を含む7勝1敗と好調のジュビロ磐田が、ホームのヤマハスタジアムにリーグ2位のセレッソ大阪を迎えた。

 試合は前半37分、FW杉本健勇が今季14ゴール目となる一撃を決めてアウェーのC大阪が先制するも、後半41分にCKの流れからMF中村俊輔のパスをFW川又堅碁が頭で合わせて同点に追いつく。白熱の攻防の末、1-1のドローに終わった一戦を戦術的視点から分析したい。

 この試合の総括に関しては、両監督のコメントが的を射ていると言える。磐田の名波浩監督は「立ち上がりから非常にゴールに向かっていく姿勢を見せ、相手を下げさせることを十分にやれた。戦前の我々の狙い通りのゲームができたんじゃないかと思う」とコメント。一方、C大阪のユン・ジョンファン監督は「先制点を決めて、良い流れを持つことはできましたけど、もう1点追加点を決めることができれば、もっと良い試合になったと思います」と振り返っている。

 名波監督が言及したように、立ち上がりから終始ボールポゼッションを高めて押し込んだのはホームの磐田だ(1試合を通じたボール支配率は磐田57%、C大阪43%)。特に前半37分にC大阪が先制するまで、「戦前の我々の狙い」が遂行されていた内容であった。

 その狙いとは、C大阪が守備時に4-4-2の陣形を組んでくるなかで、ボールサイドに形成されるコンパクトな守備ブロックをどう攻略するかということである。

 ユン・ジョンファン監督が徹底させている4-4-2は、特に中を絞めて、中央のバイタルエリアで相手に自由を与えない守備組織を形成する。その“中絞め”の攻略を図るうえで、論理的には中を絞めている以上、当然サイドにスペースが生まれており、ゴールを奪うにはサイド攻略がポイントとなる。しかし、テンポの遅いパスや各駅停車のようなつなぎであれば、C大阪の守備ブロックは簡単にスライドし、ボールサイドに蓋をしてくるため攻略は簡単ではない。

磐田は3-4-3の両WBの幅を使って展開

 では、C大阪のスライドが間に合わないように、いかにしてサイドを攻めきるのか? それは大きなサイドチェンジを使いながら、最終ラインとボランチを中心に素早くボールを動かしサイドに展開することだ。磐田は実際、大きなサイドチェンジに関しては中村の良いフィードからサイドで数的優位の状況を作り出し、素早いボール回しに関してもMF 川辺駿を軸に良い循環を生み出していた。

 磐田は3-4-3システムのメリットである両ウイングバックの幅を使い、中村のサイドチェンジと川辺の素早いボールの動かしにより、C大阪の4-4-2の守備ブロックに揺さぶりをかけ、ゴール前までボールを運べる流れを作っていた。

 そうしたなかで前半37分、C大阪が先制に成功する。たしかに“ワンチャンス”だったかもしれないが、確固たる戦術と反復練習に裏打ちされたゴールだった。C大阪のクロスは、基本的に“ニアへの速いボール”という狙いがある。クロスの出し手は迷わずニアに速いボールを送り、前線の選手はボールが入るタイミングでニアに飛び込む。この共通理解と戦術があるため、守備側が予測しても先にボールに触れてフィニッシュにつなげてくるのである。

 磐田もスカウティングでニアのクロスを頭に入れて対応していたはずだが、それを上回るクロスの質と動き出しのゴールであった。ユン・ジョンファン監督にしてみれば、まさに狙い通りのゴールであり、その後はいかに耐えながら追加点を狙って勝ち点3を奪うかが焦点だったはずだ。

5-4-1へのシフトは理に適っていたが…

 後半が始まってからも、磐田が押し込む時間が続く。特に中村のサイドチェンジからサイドへ展開し、クロスを川又が合わせるという狙いが見え、後半11分にその形からバー直撃の決定機が生まれた。

 ここでユン・ジョンファン監督が動く。C大阪は後半14分にFWリカルド・サントスに代えてMF木本恭生をCBとして投入し、システムを4-4-2から5-4-1に変更。DFを5枚にして幅を使った磐田の攻撃に蓋をしにきたのである。

 守り切るには、残り30分以上を残しての選手交代とシステム変更は早すぎるとの向きもあるが、これは効果を発揮した。守備時は自陣に5-4-1のコンパクトな2ラインを形成。サイドからのクロスに対しても、5バックにしたことでアプローチが早くなり、押し込まれはするものの最後のところで身体を張って防いでいた。

 一方の攻撃では、前述したニアへの速いクロスで後半18分に杉本のヘディングがポストを叩く場面があり、さらに同28分にもカウンターから杉本がフィニッシュと二度の決定機を作り出している。いずれかが決まっていれば、ユン・ジョンファン監督が語った「追加点を決めることができれば、もっと良い試合になった」という展開になっていたと考えられる。

 試合は1-0で迎えた後半41分、磐田が右CKの流れからストロングポイントである中村の左足パスに、最後は川又がヘディングで合わせて同点ゴールを決め、そのまま1-1ドローで終わった。同点ゴールが生まれた場面、C大阪がCKの守備時にゾーンで対応というのを頭に入れていた中村がショートコーナーでワンクッション入れ、ゾーンから微妙に外した場所に正確なキックを送るという、冷静な頭脳とキック精度を見せつける狙い通りのゴールであった。

“耐える”ことを再認識したタレント軍団

 試合は1-1の引き分けだったが、両チームともここまでの好調がフロックではないことを証明するハイレベルな試合であった。

 磐田はポゼッションで相手を押し込みながら試合を進めるコンセプトの下、奪ったら縦に速いカウンターやセットプレーもあり、失点も少ない。一言でいえば“バランス”の取れたチームである。どんな型でも勝ちにつなげられるという自信が落ち着いたゲーム運びにつながり、良い結果につながっているのが窺える。

 一方のC大阪は、これまでFW柿谷曜一朗、杉本、MF清武弘嗣に代表されるように、攻撃陣にタレント性がある華やかなチームという印象だったが、今季ユン・ジョンファン監督が就任して以降は、そのタレント性のある選手たちが“耐える”ことを覚え、チームのためにハードワークすれば結果がついてくることを再認識し、勝ち点を積み重ねている印象だ。

 この両チームには明確なチームコンセプトがあり、苦しい時に何をすべきかという“戻るべき幹”となるものがある点が共通している。その意味で組織力の高い両チームは、シーズン最後まで粘り強く戦い続けることが確信できる戦いぶりを披露しており、上位争いを盛り上げる存在になりそうだ。

近い将来、日本を代表するボランチに…

 最後に、磐田の川辺について言及したい。この試合を含め、磐田の好調の一因は川辺の成長であり、質の高いプレーである。川辺は広島ユース出身で、もともと年代別の代表にも選出されたポテンシャルを秘めている選手だったが、広島から出場機会を求めて磐田にレンタル移籍していた。

 川辺のボール配球力、ボールを前に運ぶ力、攻撃センスは以前から秀でていたが、守備の部分の強さやタフさは課題の一つと見られていた。しかし、現在の磐田でのプレーぶりを見ると、守備面での運動量、攻守の切り替えの早さ、球際で奪いきる力、予測したポジション取りと全てが向上し、高いレベルで実践している。

 川辺はC大阪戦の走行距離で磐田トップの11.101kmをマーク。両軍でも日本代表のC大阪MF山口蛍の11.279kmに次ぐ記録だった。スプリント数も川辺はチームトップの15回。両軍のMF陣では、山口とMF水沼宏太の16回に次ぐ数字だった。

 今季の開幕時点から比べても急激な成長を遂げている一人だろう。攻撃センスは十分であり、ボールを自ら運んで攻撃に絡むこともできる。そのうえ、守備面でのハードワーク、デュエルで強さを発揮している選手は、現在の日本代表を見てもそう見当たるものではない。今のまま成長曲線を描けば、近い将来、日本を代表するボランチ、中盤の選手になることも想像させるプレーぶりと言えるだろう。

【了】

フットボールゾーンウェブ分析班●文 text by Football ZONE web analytics group

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開された「磐田×C大阪」ハイライト

https://www.youtube.com/watch?v=C5wV1tv4tJo

Jリーグ公式YouTubeチャンネルで公開された「磐田×C大阪」ハイライト