ザ・リッツ・カールトン ホテル カンパニーは、カザフスタンのアスタナに、「ザ・リッツ・カールトンアスタナ」をオープンした。カザフスタンへの出店は、最大の都市であるアルマトイに次いで2軒目となる。

バーニーキャピタルグループが保有するタランタワー内に位置しており、アスタナの近代化の象徴であるモニュメント「バイテレックタワー」の広場へと続いている。

客室数は、32室のスイート、27戸のレジデンスを含む全157室。14階にはクラブラウンジを設け、プライベートチェックイン、専任のコンシェルジュ、食事などを提供する。ホテル内には3つのレストラン、会議室、1,000平方メートルのボールルーム、様々なトリートメントを提供するスパも設けている。

アスタナではアスタナ国際博覧会を開催しており、最大400万人の来場を見込んでいる。さらに、ニューヨーク・タイムズは「2017年に訪れるべき52の町」にも選出している。