北朝鮮外務省の報道官は19日、朝鮮中央通信の質問に答える形でオーストラリア政府が朝鮮半島情勢を激化させる米国の策動に便乗していると非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

オーストラリアは、米国やニュージーランドと相互安全保障条約(アンザス条約)を結んでいる。同国のターンブル首相は地元ラジオ局とのインタビューに答える形で、「北朝鮮が米国を攻撃すればアンザス条約が発動され、我々は米国を支援する」と述べていた。また、21日からはじまる米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」に参加する予定だ。

報道官は、こうしたオーストラリアの動向について「事態の深刻さを感じられない政治的未熟性の表れとして自ら災いを招く自滅行為である」と指摘した。

そのうえで、「オーストラリアのように、米国にめくらめっぽうに追従してわが共和国に反対する軍事的冒険に加担する国は、われわれの正義の対応措置を免れられないであろう」と主張した。