[8.20 J2第29節 岐阜0-1讃岐 長良川]

 カマタマーレ讃岐が敵地でFC岐阜を1-0で下し、4連勝を飾った。一方の岐阜は3試合ぶり黒星で4試合白星なし(2分2敗)となった。

 試合は開始早々に動く。前節の勝利でJ2昇格後初となる3連勝を飾った讃岐は前半6分、右サイドの浅い位置からMF永田亮太が相手DFの裏にクロスを入れると、FW木島徹也が胸で受けて右足ボレー。ゴール右上に突き刺し、この日34歳となった木島徹のバースデーゴールで讃岐が先制した。

 ホームで対讃岐戦は2勝1分と負けなしの岐阜。前半26分、敵陣中央あたりで相手DFのパスをカットしたFW難波宏明がシュートまで持ち込むが、至近距離で相手にブロックされてしまう。前半はボール支配率59%を記録したが、何度も裏を突かれる場面が目立ち、シュートはわずか1本にとどまった。

 後半は一進一退の攻防が続く。讃岐は20分にMF大沢朋也、23分にFW原一樹を入れ、追加点を狙う。一方、岐阜は22分にFW中島賢星、34分にFW田中パウロ淳一と攻撃的な選手をピッチに送り込んだ。

 互いにラストパスで精度を欠く中、追いつきたい岐阜は後半42分に最後の交代カードでMF山田晃平を入れる。アディショナルタイム1分には、田中が左足で強烈なミドルシュート。直後に山田が左サイドからカットインして右足を振り抜いたが、最後までゴールネットを揺らすことができなかった。

 試合はそのまま1-0で讃岐が勝利。前半の1点を最後まで守り抜き、クラブ史上初の4連勝を飾った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第29節 スコア速報