VfLボルフスブルクとアウェーで戦ったブンデスリーガ第1節は、あらゆる点でボルシア・ドルトムントのほうが上回っていた。ゲームの3分の2を支配したほか、13本のシュートを記録(ボルフスブルクは7本)。非常に集中した戦いを見せたことは、パス成功率にも表れており、ボルフスブルクの65%に対し、86%をたたき出した。