見た目は大事!極厚ワイヤーロックで自転車を盗難から守る!

写真拡大 (全6枚)

自転車を離れる時に心配なのは盗難。できるだけリスクを減らしたいなら、ロックの見た目も大事! DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)の「ダイヤルコンボファットロック」(2592円)は軽量なワイヤーロックなのに、チェーンロックばりの堅牢そうなルックス!

実力以上の盗難防止効果を発揮してくれるかも。

 

ロックにおいて、堅牢性と携帯性は両立しづらいもの。頑丈なものを求めると、大きく重くなり、携帯性が低下する。かといって携帯性を優先すれば、簡単に破壊・開錠されてしまうリスクが上がってしまう。この困り事を解決するため、カバーに着目したのがこの商品。

ダイヤルコンボファットロックの最大の特徴は、実力以上の堅牢性があるように見せかけ、心理的に犯罪を抑止する効果を狙っていること。ワイヤーロックの弱点は “簡単に切断できそうな見た目” だが、5mm厚のネオプレンカバーでケーブルワイヤーを覆うことで、ロックの外径を25mmと分厚くしている。実際に触らなければ、チェーンロックやスチールリンクロックの外観と変わらない存在感だ。

このカバーは厚みだけでなく柔らかさも備えているため、一般的なワイヤーロックに使用されるPVCカバーと比較すると、施錠した際に自転車との摩擦で傷がつく心配も軽減してくれる。

みずから実力以上と謳う商品だが、中のケーブル自体も一般的なワイヤーロックの直径に比べ25%増の15mmと、より強固になっている。長さも50cmと十分だ。5桁のダイヤルを採用し、10万通りの組み合わせの中から好きな番号を設定できる。

350gと軽量ながら見た目はヘビー級の「ダイヤルコンボファットロック」、防犯効果をその目で実感してほしい。

>> DOPPELGANGER「ダイヤルコンボファットロック」

 

(文/&GP編集部)